2017年01月18日

Vol.1521「“量”を優先すれば、“質”はしだいに高まっていく」


私(安野)の座右の銘の1つに、


「量は質を凌駕する」


という言葉があります。



これは単に、

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」

的な意味ではなく、


「最初は質が低くても、量を重ねることで

 やがて質が高まっていく」


という意味だと理解しています。




残念ながら、私のような凡人には、

最初から質の高い要素がございません。



しかし、だからといって、

失敗を恐れて動かなければ、

何も変わらないのが現実です。



恥を忍んででも、

量稽古を重ねるしかない

と思っています。



もちろん時間はかかりますが、

量が一定水準に達した時、

それなりの質にまで高められる

と信じている訳です。




そんなことを考えていたら、

『アイデアは交差点から生まれる』(フランス・ヨハンソン著)

という著書の中に、

似たようなことが書かれているのを見つけました。



著者曰く、


「アイデアの質ともっとも強力な相関関係にあるのは、

 驚くなかれ、アイデアの量である。」


とのこと。



また、


「イノベーターは成功したから多くを生み出すのではなく、

 多くを生み出すから成功したのだ。」


ともありました。



すなわち、

「量が質を生む」

という意味です。



自分の考えが間違っていないことが分かり、

ちょっと安心しました(笑)。




・・とにもかくにも、

凡人はまず、量をこなすことから入るしかない。



であるからこそ、

例えばこのブログにしても、

毎日書くことで量を重ねているつもりです。



なかなか言語化の質が高まらないのが

たまにきずではありますけど(汗)。




仕事であれ趣味であれ、

最初から高い「質」でこなそうとするのではなく、

「量」に重きを置いて、

1つでも多く行動を積み重ねたいものです。




本日は、備忘録を兼ねて。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 量は質を凌駕する。

  すなわち、最初は質が低くても、

  量を重ねることで、やがて質が高まっていく。

■ 最初から高い「質」でこなそうとするのではなく、

  「量」に重きを置いて、

  1つでも多く行動を積み重ねたいもの。









posted by 安野 広明 at 18:43| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする