2017年01月12日

Vol.1515「ふくやの社長に教わった、運がよくなる秘訣」


昨日は、東京にて、

古田土会計の経営計画発表会に

参加してきました。



私(安野)は、約5年前から

同会計事務所をベンチマークしており、

発表会に参加するのは今年で4回目。



毎回、たくさんの

学びや気付きをいただいています。



終了後は、私と同じく

古田土会計から学ぶべく

全国各地から集まった同業の仲間十数名と

情報交換を兼ねた飲み会。



皆さん、勉強熱心で意識が高く、

かつ、仲間のために惜しみなく教え合うような方々

ばかりなので、

めちゃくちゃ刺激になります。



ふだんは飲み会とか億劫だし、

付き合い以外では参加しないのですが、

このコミュニティは、

自分が一員でいられることに喜びを感じるような、

そんな繋がりだと思っています。



ありがたいご縁です!


***************************************


経営計画発表会の中の「基調講演」では、

博多明太子で有名な

株式会社ふくやの川原正孝社長がお話しされました。



「明太子の歴史」をはじめ、

「感性の磨き方」や、「いい会社の条件」など、

たくさんご教示下さいましたが、


中でも印象に残ったのは、

最後の方に川原社長がおっしゃった、

「運がよくなる秘訣」(笑)。



商売が上手くいくには

「運がよいこと」が必要不可欠であり、

じゃあどうすれば運がよくなるかというと、


「動き回ること」


なのだとか。



そもそも「運」という漢字は、

「軍」が「進む」(=しんにょう)と書くことからも

分かるように、

運を味方につけるにはじっと待っていてはダメで、

主体的・積極的に動くことが重要だそうです。




また、動き回りながら生まれた出会いの中で、


運のいい人(=人の喜びを自分の喜びとできる人)と付き合うこと


も大切だとおっしゃっていました。




そのお話しを聞いた後に、

ふと自分自身を振り返り、感じたのは、


この数年間、あちらこちらと動き回った結果として

上記のような仲間と出会い、

コミュニティに属していられる自分は、

けっこう運がいいな〜ということ(笑)。



そして、

現在の自分のスタンスはきっと間違っていない

という確信を得ました。




もちろん

それぞれのお立場によって

動ける範囲に諸々の制限がある

とは思いますが、可能な限り


「待つのではなく、自ら動く」


を意識されてみた方が

よいかもしれません。



そんなことを考えました。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 運がよくなる秘訣は、主体的・積極的に動き回ること。

■ また、意識して、

  運のいい人(=人の喜びを自分の喜びとできる人)と付き合うこと

  も大切である。








posted by 安野 広明 at 23:39| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする