2016年12月19日

Vol.1491「学びを定着させる鍵は、“自分の言葉”で“アウトプット”すること」


ご承知の通り、

「エビングハウスの忘却曲線」とは、

人が記憶した内容がどれだけ頭に残っているか

について、

心理学者のヘルマン・エビングハウスが研究したもの

です。



そのデータによると、

人が何かを学んだ時、

1日後に残っている記憶は約30%なのだとか。



すなわち、そのまま何もしなければ、

約70%の記憶は1日で消えてしまう

ということ。



それだけ、人は

物忘れが激しいのです。



実際、私(安野)自身、

過去に様々なセミナーや研修を受講して参りましたが、

記憶に残っている割合は

たいしたことありません(汗)。



せっかくお金と時間をかけてインプットしているのに、

なんてもったいないのだろう・・と思います。




ただし、何かを覚える時に、

「頭の中でどんなイメージをするか」

や、

「既存の知識とどのように紐付けるか」

によって、

忘却率が低くなることもあるそうです。



したがって、私は、


「学んだ内容を、自分の言葉に置き換える」


ことを意識すればよいのではないか

と考えています。



なぜなら

自分の言葉に変換する過程において、

無意識のうちに

イメージが広がったり、既にある知識と組み合わせよう

という機能が働くからです。



もしも

セミナーで教わったり本で読んだ内容が

記憶に定着しないとすれば、

そういった過程を経ずに、

セミナー講師の言葉のまま、本に書かれた文章のまま

覚えようとしていること

が原因かもしれません。




そして、さらに言えば、

記憶に定着させるため、

自ら人に話したり文章にしたりといった形で、


「アウトプット」することが重要


です。



アウトプットしようと思えば、

いったん自分の言葉に置き換えなければできない

はずですので・・。




ということで

忘却率の激しい私は、

まだまだアウトプットが足りないようですので、

当ブログ等を通じて、

これからもアウトプットの回数を増やして参ります!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「エビングハウスの忘却曲線」によると、

  そのまま何もしなければ、約70%の記憶は1日で消えてしまう。

■ 学んだ内容を記憶に定着させるためには、

  「自分の言葉に置き換えてアウトプットする」

  ことが重要となる。








posted by 安野 広明 at 23:59| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする