2016年12月04日

Vol.1476「“知覧ツアー”を決行しました」


昨日・今日と、

「次世代リーダーの会・知覧ツアー」ということで、

少人数のメンバーと

鹿児島県は知覧町を訪れて参りました。



ご存知の通り、

知覧町にあった陸軍知覧飛行場は、

大東亜戦争の末期に、本土最南端の特別攻撃隊の出撃地

となった場所。



知覧特攻平和会館には、

特攻隊員の遺品や関係資料が展示されています。



ちなみにスケジュールは、こんな感じ。


3日(土)


5:00  益田発

10:30 鹿児島中央駅に到着し、レンタカーにて知覧町へ

11:30〜13:30 知覧武家屋敷の見学、知覧茶屋にて昼食

13:40〜16:10 知覧特攻平和会館を見学

16:20〜17:00 富屋食堂(資料館)を見学

17:00〜 特攻の母と呼ばれた鳥濱トメさんの宿(富屋旅館)に宿泊



4日(日)


8:00 当時を再現した朝食

9:00〜11:20 女将の鳥濱初代さんによるご講和

11:30 知覧町を出発

18:00 益田着




実は、私(安野)が知覧を訪問したのは、

今回で3回目。



上記のスケジュールは、

私の中では鉄板のコースです(笑)。



ご一緒した皆さんにとっても、

濃厚な2日間だったと思います。




ただ、3回目とはいえ、知覧を訪れる都度、

様々なことに気付かされる

というのが正直なところ。



日常生活の中で

見えづらくなったり忘れかけていた感情が、

非日常(=知覧)に身を置くことで

鮮明・浮き彫りになるのかもしれません。



それがどういう感情なのかは、

簡単には言語化できませんが・・



今回は、

数名の特攻隊員さんのお話しと、

講話の中で女将から問いかけられた言葉が

特に心に刺さったので、


日常生活に戻っても決して忘れぬよう、

心がけたいと思います。



それにしても、

こうやって心をリセットできる場所がある

といのは、本当にありがたいことです。



まあ、私の場合、

たまたま知覧とご縁があった訳ですが、

誰にでも、

自分の心をリセットできる場所はあるはず

ですので、

年に1度くらいはわざわざ足を運んでみるのも

よいかもしれません。




本日は、ツアー報告ということで。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 忘れかけていた自分の感情が浮き彫りとなり、

  心をリセットできる場所に、

  定期的に訪れてみてはどうだろうか。









posted by 安野 広明 at 21:12| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする