2016年12月25日

Vol.1497「ビジネスに求められる“Less is more”の発想」


昨日は

シンガポールに永住権を持つ親戚(男性)が

帰省していらっしゃったので、

ランチをご一緒しました。



その方は、


20代前半で単身シンガポールに渡り、起業。


シンガポールのメインの商業施設・百貨店に16店舗以上を構え、

隣接国にはフランチャイズ先を持ち、

婦人靴とバックのトレンドを誇る製造小売企業として

現地のメディアに大々的に取り上げられるほど成功を収めた後、

約8年前に経営を譲渡し、セミリタイア。


現在(40代後半)は、

シンガポールに進出して来る日本企業を対象に

新たな事業を手掛けていらっしゃいます。



家がご近所ということもあり、

小さい頃にはよく可愛がってもらいました。



久しぶりに色々とお話しを伺いましたが、

何よりも驚いたのは、

シンガポールの物価の高さ。



マンションを購入しようと思えば、

最低でも1億円かかるそうです。


車の価格は、なんとプリウスで1千万円!


ちなみに現地で一番売れている車は、

2千5百万円するBMWなのだとか。



なんか、金銭感覚狂いそうですね・・



それにしても、

別世界でご活躍されている方のお話しを聞くと、

めちゃくちゃ刺激になります。



しかも身近にそういう方がいらっしゃるのは、

本当にありがたいです!


****************************************


昨日のお話しの中で

印象に残ったのが、

ビジネスをする上で大切な視点である


「Less is more(レス・イズ・モア)」


という考え方。



「より少ないことは、より豊かなこと」


という意味で、

海外におけるデザイン分野で

よく使われる言葉のようです。



とかく日本人は、

例えばバック1つとっても、

追加で様々な機能を付け加えたり、

装飾品を飾り立てたりしてよりよく見せよう

とするけれども、逆に、

余分な要素を削ぎ落とし、シンプルにしていくことで、

デザイン的にも美しく、かつ、用途が広がることはある

といった趣旨のお話しでした。



この発想は、特に

最終消費者を対象にするB to Cの商売において

必要だと感じます。



よくやりがちなのが、

消費者に何かを伝えようとする際、

ついつい欲が出てあれもこれもと盛り込み、

結局、何を強調したいのかが相手に伝わらないケース。



これでは

せっかくエッジの立つ商品やサービスを持っていても、

その「特徴」や「強み」が霞んでしまいますよね。




日本のように、国民の多くが

一定水準以上の生活を送っているマーケット

を前提とすれば、

「足し算の発想」ではなく、


「Less is more」という「引き算の発想」


でビジネスを捉えた方が、

他に埋没せず相手に伝わりやすいでしょうし、

市場ニーズを掘り起こすことにもつながる

かもしれません。



言われてみれば当然なのですが、

けっこう忘れがちな視点でもある

と感じました。




上記以外にもたくさん気付きをいただきましたが、

今後のビジネスに生かしたいと思います!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「足し算の発想」ではなく、

  「Less is more」という「引き算の発想」

  でビジネスを捉えると、

  新たなヒントが得られるかもしれない。










posted by 安野 広明 at 17:27| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

Vol.1496「“考える時間”は省略できない(?)」


毎日ブログを書いていて、

感じることがあります。



それは、

いくらタイムマネジメント等によって

作業効率を高めたとしても、


「考える時間」自体はあまり省略できない


ということ。



ブログを始めた当初は、

考える習慣を身に付けて

思考を掘り下げていけば、いつしか

思考の源泉もしくは鉱脈のようなところにたどり着き、

短時間で次から次へと思考が湧き出てくるイメージ

を持っていたのですが、


まだまだ私(安野)の掘削度合いが足りないためか、

そんな状態には至っておりません(汗)。



いまだに、(こんな文章レベルですら、)

ブログを書くために

それなりに「考える時間」を要しますし、

じっくり考えなければ

自分の思考を整理することができない、

というのが正直なところです。



一応、1500日近くブログを書き続けてきて

そう思うのだから、

もしかすると少なからぬ人にとっても

同じことが言えるのかもしれません。

(私だけだったりして・・)




そして、これを逆にとらえると、

日常生活の中で

「天引き」して「考える時間」を確保しなければ、

なかなか思考が整理できない

ということになります。



過去のエントリ(*)でも書かせていただきましたが、

「考える時間」は「(思考の)刃を研ぐ時間」です。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.636「“忙しい時こそ冷静に”を心がける」
http://bplan.seesaa.net/article/403861043.html



したがって

「考える時間」自体は省略できなくとも、

そこに時間とエネルギーを投下することによって、

それ以外の作業効率が高まったり、

新たなアイデアが生まれて生産性が高まることも

あるでしょう。




遠回りのように感じたとしても、

長い目で見て、これからも

「考える時間」を確保していきたい

と思った次第です。


****************************************


【本日のまとめ】

■ いくらタイムマネジメント等によって作業効率を高めたとしても、

  「考える時間」自体はあまり省略できない。

■ であるが故に、日常生活の中で、

  「考える時間」(=「思考の刃を研ぐ時間」)を

  「天引き」して確保すべきではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 19:08| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Vol.1495「エネルギーの使いどころを見誤らない」


当然ながら、

誰にとっても1日は24時間であり、

「時間」というのは有限の財産です。



だからこそ、

限られた時間の中でいかに生産性や効率性を高めるか?

といった

タイムマネジメントのスキルが重要になりますし、

書店に行けば、関連する書籍がたくさん平積みされている

のだと思います。



ただ、個人的には、

タイムマネジメントだけでは事足りず、

それに加えて、


「自分自身のエネルギーの使い方」


についても、

一考を要すると思っています。



なぜならば、「時間」と同様、

自身の持つ「エネルギー」も有限だからです。




いくらタイムマネジメントを学んで

時間の捻出に成功しても、

最も生産性の高い時間にエネルギーを注げなければ、

あまり意味がありません。



例えば、

時間をやりくりしながら準備してきたイベントの前夜祭で

盛り上がり過ぎて(=エネルギーを使いすぎて)、

翌日のイベント本番に

二日酔い状態でまったく機能しなかった・・

なんていうのは論外ですよね(笑)。



まあ、上記は(実体験に基づく!?)極端な例ではありますが、

多かれ少なかれ、日常の中で

エネルギーの使いどころを見誤ることは

誰にでもあるはず。



タイムマネジメントならぬ

「自分自身のエネルギーの使い方」(=エネルギーマネジメント?)

を意識されている方は、

少ないと思いますので・・。




とりわけ、組織におけるトップの

エネルギーマネジメントは重要で、


現場での作業や、所属している外部団体のお付き合いに

大半のエネルギーを消耗し、

本来のトップの役割である

「戦略の構築」や「社内マネジメント」にエネルギーを注げていない

とすれば、


いま一度、自らのエネルギーの使いどころについて

見直す必要があるかもしれません。




私(安野)もまだまだですが、

ここぞという時間にエネルギーを出しきって、一日を終える。



そんな人生を送りたいと願う、

今日この頃です・・。


***************************************


【本日のまとめ】

■ タイムマネジメントに加えて、

  「自分自身のエネルギーの使い方」(=エネルギーマネジメント?)

  についても、一考の余地があるのではないだろうか。

■ 「時間」や「(自身の)エネルギー」といった有限の財産をフル活用し、

  人生を充実させたいもの。
  








posted by 安野 広明 at 21:38| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする