2016年11月27日

Vol.1469「“変化の連続”が“永遠”へとつながる」


西洋では、

石や煉瓦で建造物をつくるため、

一度建ててしまえば、それが半永久的に残ります。



そんな風土も関係してるのでしょう、

ヨーロッパの文化において「永遠」とは、


「変わらないこと」や「強固なこと」


と捉えられるそうです。



これに対して、

木造建築が主流の日本においては、


「変化すること」「更新すること」「流れること」


などを前提に、

「永遠」が議論されてきたと言われます。



伊勢神宮が1300年以上に渡って

20年に1度の遷宮を繰り返してきた事実からしても、

そのことがうかがえるでしょう。



*ご参照 → 『記憶の森を育てる』(茂木健一郎 著)




ともするとわれわれは、

「いま」という時間が「永遠」に続くかのような錯覚を起こしたり、

自社が「永遠」に続くことを望んだりしますが、


そもそも日本人にとっての「永遠」とは、

「変化」「更新」「生成」などを意味し、

そしてそのことを理解しておけば、きっと、


安易な「安定」ではなく、変化を起こすための「挑戦」


を選択できるような気がしています。




「永遠」とは、ただ単に

「いまの状態が続くこと」

ではありません。



「変化の連続」こそが

「永遠」へとつながります。



そのことを頭に置いて、

積極的に変化を起こしていきたいものです。




本日は、備忘録を兼ねて。。。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 日本人にとっての「永遠」とは、

  「変化」「更新」「生成」などを意味する。

■ 「永遠」とは、ただ単に「いまの状態が続くこと」ではなく、

  「変化の連続」である。










posted by 安野 広明 at 20:35| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする