2016年11月24日

Vol.1466「人に差をつけるなら、“凡事徹底”と“一点集中”あるのみ」


人は誰しも、


「人並み以上の特別な存在になりたい」


という願望を抱いて生きているそうです。



そのために、多くの人は、

特別なことを追い求めます。



しかし、世の中には、

特別なことなんてそうそうございません。



いくら追い求めたところで、

「無いもの探し」になってしまうのが

現実ではないでしょうか。



この点について、

イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏は、

特別なことを探すのではなく、


「誰にでもできる簡単なことで人に差をつける」


とおっしゃっています。



やろうと思えば誰でもできるけれど、

誰もが継続してやらないことを徹底(=凡事徹底)すれば、

いずれ人と差がつけられる

という意味です。



昨日のエントリ(*)で書かせていただいた


「早起き、挨拶、整理、整頓、清掃、躾」


なんて、まさにそうですね。


*ご参照下さい。
  ↓
Vol.1465「地道な反復練習が、目に見えない根っこの部分(=人間力)を強化する」
http://bplan.seesaa.net/archives/20161123-1.html



結果的に、

興南高校野球部の我喜屋監督の教え子たちは、

社会から必要とされる存在、

ある意味において、「特別な存在」

になっている訳ですし。




また、先日、

致知出版社の藤尾秀昭社長から教わった

以下の言葉も、

参考になるかもしれません。



「一生の間にある連続した5年間、本当に脇目もふらずに、

 さながら憑かれた人のごとく一つの研究課題に自分のすべてを集中し、

 全精力を一点に究める人があったら、

 その人は何者かになるだろう」



小学校しか出ていないにもかかわらず、

その後、猛烈に勉学に励み、

岩波英和辞典を編纂なさった田中菊雄氏

のお言葉だそうです。



ちなみに私(安野)は、

経営者になって6年が経ちますが、

いまだ何者にもなれていないことからすると、

まだまだ一点集中が足りないようです・・(汗)。




人に差をつけ、

特別な存在に近づくためには、


「凡事徹底」と「一点集中」、


これに尽きると思っています。



そこに特別なことは何もない

という事実を、

肝に銘じておきたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人並み以上になるためには、

  特別なことを追い求めるのではなく、

  「誰にでもできる簡単なことで人に差をつける」

  という「凡事徹底」の発想が大切。

■ あとは5年間、「一点集中」で没頭すること。

  何者にもなれていないとすれば、

  まだまだ集中が足りない証拠かもしれない。









posted by 安野 広明 at 17:13| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする