2016年11月21日

Vol.1463「たまたま見かけた交通整理員の女性からの学び」


先日、車で移動している際、

道路工事による片側交互通行の区間

で足止めされたのですが、

そこで交通整理員として旗を振っている女性に、

思わず目がとまりました。



というのも、

1台1台の車に対して、

満面の笑みでお辞儀をしていらっしゃったのです。



わりと待ち時間が長かったこともあり、

正直、少しイライラしていた私(安野)も、

その人の笑顔を見た瞬間、

苛立つ気持ちがやわらぎました。



そして、通り過ぎた後に、


「やっぱり、どんな職業でも、笑顔の威力ってすごいな〜」


と思いながら運転していたのですが、ふと、


「でも、あの女性からすれば、車内にいる自分の表情ははっきり見えるのだろうか?」


という疑問が生じました。




おそらく、

女性の側からすれば、

ドライバーの表情ははっきり見えないでしょうし、

見えたとしても

待たされて不機嫌な顔の人が多い

に違いありません。



しかも、その女性の周りにいる

他の交通整理員は、

(どちらかと言えば)無表情かつ作業的に仕事をしています。



にもかかわらず、

なぜその女性だけは、

(決してマニュアル的ではない)笑顔を見せることができる

のでしょうか?




これは私の推測にはなりますが、

おそらく、交通整理員の女性は、


相手から見返りを求めようとするのではなく、

1人1人に笑顔で接し、「与える立場」に立つことで、

自分自身をモチベートしている(=自分で自分の機嫌をとっている)


ような気がします。



ひと言で言えば、


「自分のために(笑顔で)やっている」


ということでしょうか。




それでも、中には、

その、「見返りを求めない笑顔」によって気持ちがやわらぐ

私のような人間もいる訳ですし、

その行為自体、とても素敵なことだと感じました。




・・もしも社内に

そんなメンバーがたくさんいたとすれば、

その会社はきっと繁盛するのでしょうね。



私自身、見習いたいと思います。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 「与える立場」に立つことで、

  自分自身をモチベートできる(=自分で自分の機嫌をとれる)はず。

■ 無表情で仕事するのも、笑顔でするのも、

  誰のせいでもなく、その人次第である。 











posted by 安野 広明 at 23:18| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする