2016年11月18日

Vol.1460「“直感力”を磨くヒントは、“インプット”を増やして“常に考える”こと」


会社経営に答えはありませんし、

経営者やリーダーは、日々、

答えが分からない中で

決断しなければなりません。



そして、そんな時に求められるのが、

リーダーの「直感力」ではないかと思います。



実際、数多くの優秀なリーダーは、

大きな意思決定ほど、

ご自身の「直感」を重視されているそうです。



では、どうすれば

「直感力」を身に付けることができる

のでしょうか?




まず、確認しておきたいのは、

「直感」は、

「ヤマ勘」や「思い付き」や「当てずっぽう」とは全く異なる

ということ。



そして、その精度は、


どれだけ「インプット」(知識、経験)の集積があるか


によって決まります。



なぜならば、「直感」とは、

頭の中に蓄積されている情報を

脳が高速でサーチし、

最適な答えを導き出した結果

だからです。



したがって、

読書をしたり、人に会ったり、

経験の幅を広げることを意識して、

「インプット」の量を増やすことが大切なのは

言うまでもありません。



とはいえ、いくら「インプット」したところで、

それを放ったらかしておけば、やがて

サーチしてもヒットしない、すなわち、

利用価値が無くなる可能性がございます。



したがって、

「直感」の精度を高めるためには、


「常に考える」習慣を身に付けて、その中で、

過去に蓄積した「インプット」を、


あたかも神経細胞を結びつけるかの如く

1つ1つ関連付けていく作業


が必要になると考えています。

(分かりにくい表現ですいません・・)




そういう意味では、

ひと言に「直感」と言っても、

人によって相当な差がありそうですね。




私(安野)の場合は

まだまだ「直感」の精度が低く、

外れることの方が多い(!?)ような気がしますが、

これからも


「インプットを増やし、常に考える」


を心がけ、

経営者としての「直感力」を磨いて参る所存です。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「直感」の精度は、

  どれだけ「インプット」(知識、経験)の集積があるか

  によって決まる。

■ 「直感」の精度を高めるためには、

  過去に蓄積した「インプット」を、

  あたかも神経細胞を結びつけるかの如く、1つ1つ関連付けていく作業

  が必要であり、そのためにも、

 「常に考える」習慣を身に付けなければならない。










posted by 安野 広明 at 18:54| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする