2016年11月10日

Vol.1452「何を意識(=検索)するかによって、集まる情報も変わる」


インターネットで検索する際、

プラスのキーワードを入力すればプラスの検索結果が、

マイナスのキーワードを入力すればマイナスの検索結果が出てくる

のと同様に、


人は、自分が意識した方の情報しか取りに行かない


という心理的側面を有しています。



例えば、

人と会う時に、

美点凝視するのか、それとも

汚点(!?)凝視するのか。



美点凝視を意識していれば、

相手の優れたところや相手から学べることに

気付くことができますが、


汚点凝視を意識していると、

相手の嫌なところや足りない点

ばかりに目が行くことでしょう。



どちらの方が良好な人間関係を築き、

そして出会いを活かすことができるかは、

一目瞭然。



したがって、常日頃から

自分が何を意識しているのか、

どういったことにアンテナを立てているのかは、

とても重要です。




また、意識のアンテナの感度を高めておくと、

気付く力が強化されるためか、

普段の生活の中で

求めずして思わぬ発見をすることがあります。



私(安野)は何度も経験してますが、

例えば、マネジメントに対する意識のアンテナが立っている時に、


本屋で何となく手にした本の中に

そのものズバリの答えが書いてあったり、


たまたま出会った人のお話しの中から

重要なヒントが得られたり、


などといった感じ。



実はこれは、ただの偶然ではなく、

セレンディピティ(=計画的偶然性)という現象

なのだそうです。



このようにして

意識のアンテナを立てることで、

それに関連した情報を

自然と引き寄せることができるでしょう。




とはいえ、人の意識というのは、

放っておけば

あっという間に凝り固まり、アンテナの感度が鈍るもの。



したがって、

自分の意識に刺激を与えるべく、

常に学び続ける必要がある

と考えています。




少なくとも、脳内に

マイナスの検索ワード(=意識)を入力しないよう、

心がけたいものです。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、自分が意識した方の情報しか取りに行かない

  という心理的側面を有している。

■ そういう意味で、常日頃から、

  自分が何を意識しているのか、どういったことにアンテナを立てているのかは、

  とても重要。

■ また、意識のアンテナを立てることで、

  それに関連した情報を
 
  自然と引き寄せることができるはず。










続きを読む
posted by 安野 広明 at 23:59| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする