2016年10月28日

Vol.1439「“あ〜このままだと、このままだわ”という広告を見て感じたこと」


先日、

次世代リーダーの会(*)を開催した際、

とあるセミナーに参加された方が、

そこでの学びの一部を共有して下さいました。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



その方によると、

現代人は便利になり過ぎた弊害で

「心が崩壊」している。



それを防ぐためには、


▼ リアルで人とつながること

▼ 学び続けること

▼ 危険を察知すること

▼ 与えること

▼ 活動的になること


が必要なのだとか。



詳細は割愛しますが、

私(安野)はその話を聞いて、特に


▼ 危険を察知すること


がポイントになるのではないか

と感じました。



なぜならば、

危機意識がない限り

人は行動を起こさないし、

結果として何も変わらないから。



例えば、これだけメディアが

年金制度が崩壊するだの日本国債が暴落するだの

煽っているにもかかわらず、

リスクヘッジのために具体的な手を打っている人は

どれだけいらっしゃるでしょうか?



おそらく、ほとんどの人は

何も行動していないのが現状です。



結局、頭ではヤバそうだと分かっていても、

自分ごとに置き換えて

具体的にイメージできていないため、

危機意識としては弱く、

行動を起こすに至らないのだと思います(私を含め 汗)。




上記の「心が崩壊」するという意味においては、

例えば、具体的に、


このままスマホに依存し続けたらどうなるだろうか・・

とか

SNSで行き交う情報に振り回され続けたらどうなるだろうか・・

とか

メディアや周囲に流され続けたらどうなるだろうか・・


なんてことをイメージして、

危機意識を強めることも必要でしょう。



行動につなげるためには、あえて

悲観的な将来を具体的にイメージすることも

大切だと考えています。





・・たぶん結婚相談所の広告だったと思いますが、

電車内の広告に


「あ〜このままだと、このままだわ(男性の顔写真付きで)」


という印象的な言葉があったので、


これはまさに具体的な将来のイメージと

それに伴う危機意識の問題ではないかと感じ、

備忘録を兼ねて

書き残してみました(笑)。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 頭ではヤバそうだと分かっていても、

  危機意識が弱ければ、人は行動を起こさない。

■ 当然ながら、

  このまま何も行動を起こさなければ、何も変わらない。

  最悪をイメージして、最善を尽くす姿勢が大切ではなかろうか。








posted by 安野 広明 at 22:28| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする