2016年10月09日

Vol.1420「思考の記録を残していますか?」


毎日ブログを書いていると、

すらすら書ける日もあれば、逆に、

いくら考えてもネタが浮かばない日もあります。



そして、そんな時には、

過去に書き留めた思考のメモを見返したり、

既読または未読の書籍をパラパラとめくったりして

ヒントを探し、

なんとかネタをひねり出すようにしています。



実は、けっこう地道なことやってるんです(汗)。



しかし、そうこうしながらも

毎日書き続けてきたことで、


自らの思考が促されている


という実感はございます。



例えば、

現時点で1420個あるエントリ(=記事)は、

(セミナー案内等を除き、)

自分の思考を言語化し、記録したものですが、

もしもブログを書いていなければ、


「こんなこと考えなかっただろうな〜」

とか

「いまだに言語化できてないだろうな〜」

とか

「とっくに忘れているだろうな〜」


などと思う内容ばかりです。




この点、

その都度、思考を記録してきたおかげで、

あとから自分の思考を振り返ることもできますし、

今後、将来の思考につなげることもできるでしょう。



そして、それら(=思考の記録)はいつしか、

独自の無形価値を形成します。



まあ、私(安野)の場合は

まだまだ未熟極まりないのが現状ですが、

それでも、ブログを継続してきたことで、

小冊子(*)を2冊発行することができました。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/momokurikeieinosusumesyoukai.html



これも一応、

ひとつの価値だと思っております(笑)。




公開性という意味でブログはハードルが高い

ということであれば、

まずは非公開の「内省日記」から始めてみても

よいかもしれません。



1日1日に対する意識が高まり、


「なんとなく1日が過ぎた・・」


なんてことは

少なくなるはずです。




当ブログの

過去エントリの一覧を眺めながら、

ふと、そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ その都度、思考を記録しておけば、

  あとから自分の思考を振り返ることもできるし、

  将来の思考につなげることもできるはず。

■ ブログや内省日記で思考を記録し、

  1日に対する意識を高めたいもの。








posted by 安野 広明 at 17:47| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする