2016年10月07日

Vol.1418「学びや経験は、共有することで価値が生まれる」


私(安野)が普段から心がけていることに、


「自分が得た学びや経験を、自分だけのものにしない」


というのがあります。



学びや経験は、


大切な人と共有してはじめて価値が生まれる


と考えているからです。



まあ、自分だけのものにしたところで、

忘却の彼方へ消え去るのが

関の山ですし・・。




しかしながら、多くの人は、

学びや経験を自分の中だけに留めてしまいがち

なのではないでしょうか。



例えば、講演会などに参加しても、


「いや〜今日は、“いい話し”を聞いたな〜」


と、自分の中で結論付けて終わり、

みたいな・・(以前の私がそうでした 汗)。




この点、実際に、

(学びや経験を自分だけのものにせず)

他人に共有しようとすると、その過程において、


▼ どの辺りが“いい話し”だったのか?

とか

▼ 自分は、どこに、なぜ感動したのか?


などといったことを、

否が応にも自問自答するはず。



そうやって言語化していくことによって、

学びや経験が共有できると同時に、

自らの思考も深まる

と考えています。



したがって

人に話す、書くなどの方法で、

アウトプット(=共有)を積極的に行うべきです。



社内で共有するのもよいでしょうし、

場合によっては

自分の家族に分かりやすく伝えてみても

よいかもしれません。



とりわけ

リーダーの立場にある人は、

自らの学びや経験を、

ことあるごとに社員さんに伝え、


アウトプットしながら自分の思考を深める
      ↓
ネタを求めてインプットする
      ↓
さらにアウトプットしながら思考を深める


という循環を生み出すことが大切

だと思います。




そして、でき得るならば、

組織のメンバー1人1人が

アウトプットによる学びや経験の共有を行うことで、

社内に無形の価値を蓄積させると同時に、

それぞれの思考力もアップするような社風をつくりたい

と願っております。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 学びや経験は、大切な人と共有してはじめて価値が生まれる。

■ 組織のメンバー1人1人が

  アウトプットによる学びや経験の共有を行うことで、

  社内に無形の価値を蓄積させると同時に、

  それぞれの思考力もアップするような社風をつくりたいもの。










posted by 安野 広明 at 20:30| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする