2016年10月03日

Vol.1414「日常の行動を見直し、“不変のルーティン”を手に入れる」


一流の人には、決まって、

毎日やり続けている「不変のルーティン」がある

と言われます。



例えば

メジャーリーガーのイチロー選手が、

バッターボックスに入る前から

十数個の規定動作(=ルーティン)を

欠かさず行っていることは有名。



球場の外でも、

ウェートトレーニングや素振りを

日課として365日行っているそうです。



そのイチロー選手は、ある対談の中で、


「日々やっていることを同じようにやることが大切

 だと信じています。


 心から持っていくのは難しいですが、

 体をいつもと同じように動かせば、

 そのうち心がついてくる。」


と語っていらっしゃいます。




そして、このことは、

自分のモチベーションとかテンションいかんにかかわらず、

継続するためには


まず行動を習慣化することが重要


であることを意味します。



▼ どんなに眠くても、顔を洗えば気合いが入る

▼ どんなに憂鬱でも、出社してPCを開けば仕事モードになる

▼ どんなに嫌なことがあっても、お客様を前にすればやる気になれる

▼ どんなに運動が面倒でも、ウォーキングやジョギングを始めるとテンションが上がる

▼ どんなに読書が億劫でも、手に取って本を開けばいつの間にか没頭する


なんて経験は、

誰にでもあるはず。



このように

心よりも体(=行動)を重視することで

継続できるのであれば、


そういった自分のリズム、自分との約束事、

すなわちルーティンを、

いち早く確立した方がよいのは

言うまでもありません。




いま一度

日常生活の自身の行動を棚卸しして、

見直すべきものは見直し、

自分を成長させるような「不変のルーティン」を

増やしていきたい。



そんなことを考えました。



本日は、備忘録を兼ねて。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 一流の人には、決まって、

  毎日やり続けている「不変のルーティン」がある。

■ 継続するためには、

  自分のモチベーションとかテンションいかんにかかわらず、

  まず行動を習慣化することが重要。

■ 日常生活の自身の行動を棚卸しして、

  自分を成長させるような「不変のルーティン」を手に入れたいもの。









posted by 安野 広明 at 22:02| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする