2016年10月19日

Vol.1430「身につけたい“人間的魅力”を明らかにすることが、“徳望”を磨く第一歩」


昨日は、朝から移動し、

致知出版社主催の『徳望塾』に参加。



来年3月までの全6回、

しっかりと学ばせていただきます!



ちなみに今回のゲスト講師は、

「餃子の王将」で有名な

王将フードサービスの渡邊直人社長でした。


**************************************


人間的な魅力のことを「徳望」と言います。



そして、人の上に立つ指導者や経営者ほど、

この「徳望」を磨かなければなりません。



ただし、ひと言に

人間的魅力といっても、その中身は

人によって様々です。



一例として、


▼ 場を明るくできること

▼ 話しが上手い(面白い)こと

▼ 笑顔が素敵なこと

▼ 博識であること


などが、人間的魅力となって現れる人も

いらっしゃるでしょう。



この点、私(安野)は、


「逆境に立ち向かい、

 やると決めたことを愚直にやり続けている人」


に人間的魅力を感じます。



したがって、

そういう人物を目指すべく、

自分自身も努力しているつもりです。



まあ、現実的にはまだまだ程遠いのですが(汗)、

このようにして


自分がどんな人物に人間的魅力を感じるのか


を自問自答し、明らかにしておくことは

大切だと考えています。



例えば、私が、

「話しが面白くて場を盛り上げる人」

の姿を見て、

「ああいうことができるといいな〜」

とその人に魅力を感じたとしても、


自分の性格からして、

そのために惜しみない努力をしよう

とまでは思いません。



そういうことは、

目指したい人が目指せばよい

と割り切っております(笑)。




したがって、何か1つ、

自分が心から目指したいと思える「人間的魅力」、

すなわち「徳望」を明らかにし、追求していけばよい

のではないでしょうか。





突然の社長交代劇から現在に至るまで、

逆境に立ち向かい、愚直に経営に取り組んでこられた

渡邊社長のお話しを拝聴しながら、

そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人の上に立つ指導者や経営者ほど、

  人間的魅力(=徳望)を磨かなければならない。

■ 人間的魅力にも様々あるが、

  自分が心から目指したいと思える人間的魅力を明らかにし、

  追求していくことが大切ではなかろうか。











posted by 安野 広明 at 23:34| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

Vol.1429「“第2回コメディ・クラウン・サーカスin益田”のご案内」


今年1月3日に初開催し、

大変ご好評いただいたコメディ・クラウン・サーカス(*)ですが、

なんと(!?)

来年1月にも弊社主催で開催することが決定しました。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1141「“コメディ・クラウン・サーカス”のご報告です」
http://bplan.seesaa.net/article/432102183.html




登場するクラウンも

前回と大幅に入れ替わり、

どんなパフォーマンスが見れるか楽しみです(笑)。



ぜひ、お子様、お孫さんとご一緒に

足をお運びいただき、

親子3代で心温まるひと時をお過ごし下さいませ!




詳細は、こちらから(注:開くまでに時間がかかります)。
    ↓
http://annokaikei.com/komedy.pdf






posted by 安野 広明 at 18:01| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

Vol.1428「得意だからできるのではない、やっているうちにできるようになっていく」


ここ数年、

講演会の司会や挨拶をすることが増えたためか、

私(安野)のことを


「そういうの(=司会や挨拶)が得意な人」


だと勘違いされることがあります。



確かに

場数は増えましたが、

司会や挨拶が得意だと思ったことは一度もありませんし、

むしろ、今でも

事前準備は入念に行っているつもりです。



そもそも私の場合、学生時代やサラリーマン時代に

場をしきったり、人前で話すような役回りは

ほとんどございませんでした。



どちらかと言えば

協調性の無い職人タイプですし・・。



実際、そういう機会が一気に増えたのは、

約6年前に経営者という立場になってから。



したがって、最初の頃は、

司会にしろ挨拶にしろ

初めてのことばかりで、

決して自信があった訳でもなく、

ただただ人並み以上の準備を心がけてきました。



その結果として


「ぎりぎり何とかなっている」


のが本音であって、にもかかわらず、


「得意な人」


で片付けられると、

(もちろんご本人に悪気はないのでしょうけど、)心外だな〜

と思ってしまうのです。




あと、当ブログにしてもそう。



「毎日書くなんて、文章書くのが得意なんですね」


とか言われると、


「いやいやいや、下手なりにやり続けてきたら、

 なんとか少しずつ書けるようになったんです!」


と突っ込みたくなります。


(まあ、「書けている」と言える文章レベルにすら達していない

 のが現状ですけど・・汗)




何が言いたいかというと、


「あの人は得意だからできる」


と安易に結論付けることは、

本質を捉えていない上に、裏を返せば、


「自分は(あの人のように)得意じゃないから、できなくても(挑戦しなくても)仕方がない」


と自己肯定しているのと同じではないか

ということ。



こういった

後ろ向きな自己肯定をしている限り、

自分の中の可能性を広げることは

難しいと思います。




どんな達人でも、

最初は(何もできない)ド素人だったはず。



自分の可能性を広げるためには、

やったことがなくとも一歩踏み出し、

場数をこなすことが大切ではないか

と考えております。


********************************************


【本日のまとめ】

■ その人の得意・不得意の本質は、

  当の本人に聞いてみなければ分からない。

■ 得意だからできるのではなく、

  やっているうちにできるようになっていくもの。

■ 自分の可能性を広げるためには、

  やったことがなくとも一歩踏み出し、

  場数をこなしていくしかない。









posted by 安野 広明 at 18:08| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする