2016年10月25日

Vol.1436「逆境に対する“反応差”が運命を分ける」


日本がまだ鎖国していた幕末(1853年)に、

ペリー提督率いる黒船が浦賀に来航した際、


恐れおののく者、興味関心を示す者、

(吉田松陰のように)黒船に乗り込もうとする者など、

当時の日本人の反応は様々だったそうです。



その中でも特筆すべきは、

黒船と同じものを自力で造ろうと考えた、

島津の薩摩藩、鍋島の佐賀藩、伊達の伊予宇和島藩

の三藩。



しかもそれらの藩は、わずかの期間で本当に

蒸気で動く船を造ってしまいました。



ではなぜ、そんなことを

成し遂げることができたのか?



この点、

当時の日本人の知的レベルが高かった

のはもちろんのこと、その根底には、


「異人にできて、自分たちにできないはずがない!」


という自信や気概、日本人としての誇り

があったのではないかと思います。



見たこともない巨大な蒸気船が

突如として現われた訳ですので、


「こんな相手に敵うはずない・・」


と早々に諦めてもおかしくありません。

(そのように考えた人もいたとは思いますが)



しかし、そんな時に、

リーダー的立場にある人(=殿様)が、


「われわれにできないはずはない!」


という気概を持ち、指示をした。



そういった反応を示せたことが、

その後の日本の運命を分けた

のかもしれません。




そして、この、

「できないはずがない」



「できるはずはない」

という反応の差は、


現代を生きる自分や自社に置き換えた場合にも、

(長い目で見れば)

人生や運命に多大なる影響を及ぼす気がします。



あたかも黒船のごとき(!?)難題や逆境が

突如目の前に現れた際、

どういった反応を示すのか?



「自分にできないはずがない!」


と信じて挑戦するか、はたまた


「自分なんかにできるはずはない・・」


と早々に諦めるのかによって、


そこから得られる成果(=経験等)は違ってくる

のではないでしょうか。




自分で運命を切り拓くためには、

(別に根拠は無くてもよいので)


「自分(または自社)にできないはずがない!」


という気概が必要不可欠。




幕末の動乱を描いた

司馬遼太郎の長編歴史小説『花神』を読みながら、

そんなことを考えました(笑)。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 幕末の日本人は、

  「異人にできて、自分たちにできないはずがない!」

  という自信や気概、日本人としての誇りを持っていた。

■ 「自分にできないはずがない!」と信じて挑戦するか、はたまた

  「自分なんかにできるはずはない・・」と早々に諦めるのかによって、

  そこから得られる成果(=経験等)は違ってくる。

■ 自分で運命を切り拓くためには、根拠は無くてもよいので、

  「自分(または自社)にできないはずがない!」

  という気概が必要不可欠ではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 22:46| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

Vol.1435「“マネーセミナー”のご案内(再)」


だいぶ以前にご案内差し上げた

「マネーセミナー」ですが、

いよいよ明後日(26日)と近づいて参りました。



以下、案内文を再掲いたします。



ここから


昨今、マイナス金利が話題となっています。



預金や国債を元本保証で運用することが難しくなったため、

今後のインフレや長い老後に備えて不安が生じ、

金融機関から様々な投資商品を勧められるケースも増えています。



もちろん、これらは、

自分たちが中身をよく理解した上で投資をすることが大切です。



どのようなリスクが有り、

年間最大どのくらい増えたり減ったりするのか、

を知った上で投資行動に移ることが重要なのです。




そこで今回は、資産運用のプロをお招きして、

今知っておくべき事柄を

わかりやすくお伝えいただきます。



ご興味のある方は、

是非ご参加下さいませ!



詳細は、こちらです。
   ↓
http://annokaikei.com/semina289.pdf








posted by 安野 広明 at 13:56| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

Vol.1434「身を挺し、挑戦し続けている人にしか出せないオーラがある」


先日、

石見銀山で義肢作りをされている

中村ブレイス(株)の中村俊郎社長と、

法政大学大学院で「いい会社」を研究されている坂本光司先生

のコラボ講演があるということで、

大田市大森町を訪問しました。



会場は、中村社長が、

世界遺産石見銀山の新しい文化のシンボルになればと願い

旧大森郵便局を生かして作ったという、

世界一小さなオペラハウス「大森座」(*)です。


*ご参照下さい → http://www.nakamura-brace.co.jp/opera



とても素敵な雰囲気の中、

お二方のご講演&質疑応答を拝聴しました。



ちなみに中村ブレイス(株)は、

坂本先生のベストセラー

『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本光司 著)

の第1巻でも取り上げられていますが、

大森町という田舎にありながら、

その技術力を世界各国から必要とされている素晴らしい会社。



ぜひ一度、

生で中村社長にお会いしてみたいと思い、

お邪魔した次第です。




まず、坂本先生のお話しは、

いつものことながら

経営者として耳が痛い、グサグサ刺さる内容でしたが(汗)、

弊社の実態を素直に反省しつつ、多少なりとも

坂本先生がおっしゃる「いい会社」の条件

を満たせるよう努力していこう

と意を新たにすることができました。



こういった「あるべき論」のお話しを聞いた際、


「まあ、そうは言っても、現実的には難しいよね〜」


と自分に言い訳をし、

世間一般の(=その他大勢の)意見に同調するのは簡単ですが、

当然ながら、

理想や目標を高く掲げない限り

一生そこにはたどり着けませんので、長い年数をかけてでも

「いい会社」づくりに精進して参る所存です・・。




続いて、中村社長のお話しは、

現在の中村ブレイス(株)に至るまでの経緯や地域での取組み

についての内容でした。



なんと、過疎化が進む大森町を活性化させるため、

私財を投じ、50軒近い古民家を改修されてきたそうです。



また、とても温厚なお人柄で、終始笑顔。

会場内も、温かい雰囲気に包まれていました。



ただ、お話しの中で、

印象に残った言葉があります。



それは、


「(人を思うやさしさを大切にしながらも)常に挑戦してきた」


「“やって下さい”ではなく、身を挺してやることが大事」


というもの。



見た目の穏やかさとは別に、

経営者として厳しさの側面を

垣間見た気がします。




大森町は、

人口400人、かつ、交通の便も良くない

という環境からしても、

経営する上ではかなりビハインドです。



にもかかわらず、

世界各国から注文や来訪者が途絶えない会社に

育て上げることができたのは、


中村社長が揺るぎない信念を持ち、自らを鼓舞し、

挑戦し続けていらっしゃるからなんだな〜

ということを、

強く感じました。



中村社長の包む込むようなオーラは、

身を挺して挑戦し続け、その中で、

厳しさも辛さも経験されているからこそ

醸し出せるのかもしれません・・。




石見地方に中村ブレイス(株)があることを、

誇りに思うと同時に、ぜひ一度、

足を運んでみられることをおすすめします。




本日は、備忘録ということで。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「いい会社」のハードルは高いが、それでも、

  理想や目標を高く掲げない限り、

  一生そこにはたどり着けない。

■ 身を挺し、挑戦し続けている人だからこそ醸し出せるオーラがある。








posted by 安野 広明 at 18:59| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする