2016年10月31日

Vol.1442「その対応は回転寿司型か?それともカウンター型か?」


当然ですが、

回転寿司のレーンの上に乗せられたお寿司は、

どのお客が手に取って食すかは分かりません。



したがって、握る側としては、

お客の顔を思い浮かべたりはせず、

不特定多数の相手に向けて

(どちらかと言えば)機械的に握ることになる

と思います。



これに対して、

カウンターのお寿司の場合、

目の前のお客から直接注文を受けるため、

そこに1対1の関係が生まれます。



したがって、握る側としても、

そのお客のために

心を込めて握ることができるでしょう。



どちらの形態が良いとか悪いとか

ではありません。



もちろん料金設定も異なりますし、

お客が選んで入っている訳ですので、

(お寿司に関しては)そういうもの

なのだと思います。



ただし、このことを

一般の会社に置き換えてみた場合、

どうでしょうか。



カウンターの寿司屋に入ったつもりなのに、

回転寿司的な扱いを受けたとしたら、

きっとクレームになりますよね。



しかし、意識しなければ、

挨拶ひとつとっても、

不特定多数に向けた機械的・マニュアル的なもの

になりがちです。



たまにコンビニの店員が、

お客の目も見ずに

「らっしゃっせー(=いらっしゃいませ)」

「あしたー(=ありがとうございました)」

などと言うのは、まさに典型例(笑)。


そんな挨拶なら、

されない方がまだましです。



とはいえ、店員によっては、

1人1人のお客の目を見て

心のこもった(とこちらが感じる)挨拶をされ、

好印象を持つこともありますので、

やはり店員の意識の差なのでしょう。



何が言いたいかというと、

われわれにとっては、

そのお客がたくさんいる中の1人、数社担当している中の1社

であったとしても、

お客からすれば、お店に入った(または取引を開始した)以上、


担当するのはわれわれしかいない


ということ。



このことは

肝に銘じなければいけない

と思っています。



自社の接客態度や仕事上の対応が、


回転寿司型になっていないか?

しっかりとカウンター型で対応できているか?


を、常に気にしておきたいものです。




先日、子供のお祝い(?)を兼ねて、

久しぶりにお寿司屋(回転する方)に入った際、

そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ カウンターの寿司屋に入ったつもりなのに、

  回転寿司的な扱いを受けたとしたら、

  きっとクレームになるはず。

  このことは、

  自社の接客態度や仕事上の対応に

  置き換えて考えることができる。

■ われわれにとっては、

  そのお客がたくさんいる中の1人、数社担当している中の1社

  であったとしても、

  お客からすれば、担当するのはわれわれしかいない

  ことを肝に銘じるべき。









posted by 安野 広明 at 20:06| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

Vol.1441「“頑張る=挑戦する”になっているか?」


仕事をしていると、


「(自分は)こんなにやっているのに・・(報われない)」

「こんなに努力しているのに・・(自信が持てない)」

「こんなに頑張っているのに・・(成果が出ない)」


なんて思うことは、

誰にでもあるでしょう。



あからさまに手を抜く人は

(少なくとも私(安野)の経験上は)ほとんど知りませんし、

それぞれの立場において

一所懸命に仕事に取り組んでいる訳なので、なおさらに

そう感じられるのかもしれません。



ただし、


「日々、挑戦をしているか?」


と問われれば・・どうでしょう?



ここで言う「挑戦」とは、


▼ いままでやったことのないことにトライしてみたり

▼ 日常業務に工夫・改善を加えてみたり

▼ お客様の期待を上回るための努力をしたり


などです。



もし仮に、


「与えられた仕事をいままで通りにやる」


というのが、


「仕事を頑張っている」「努力している」


の定義なのであれば、残念ながら

そこから先への成長は難しいでしょう。



むしろ、成長するどころか

マンネリ化(=劣化)する可能性があります。




また、たまに


「いくら頑張っても、自分に自信が持てない・・」


とおっしゃる方がいますが、そういう人に限って

「挑戦」をしていないもの。



そもそも自信というのは、

薄紙1枚1枚を重ね合わせるように

積み上がっていくものですので、


日々の中で「挑戦」しなければ

自分の可能性が広がるはずはなく、結果として

自信がつかないのは当然の話し。




ただ単に

「やっている」「頑張っている」「努力している」

というレベルと、

「挑戦している」

というレベルでは、


大きな意識の差がありますし、

得られる成果もまったく異なります。



もしも常日頃、


「頑張っているのに・・」


とくすぶっているのであれば、

いままで以上に

「挑戦」を意識されてみてはいかがでしょうか。




私自身、

まだまだ「挑戦」が足りないので(汗)、

これからも意識して参ります!


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「仕事を頑張っている」「努力している」というのが、

  「挑戦している」ではなく、

  「与えられた仕事をいままで通りにやっている」

  というレベルであれば、

  そこから先に進むのは難しい。

■ 自分に自信を身につける場合でも、

  同じではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 20:07| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

Vol.1440「主体的に歴史を学ぶことは責務なのかもしれない」


昨日は、午後から

(株)S・Yワークス主催の勉強会に参加。



ノンフィクション作家の門田隆将先生

と、

経営コンサルタントの佐藤芳直先生

のお話しを拝聴しました。



門田先生はたくさんのご著書を出されてますが、

以前、『慟哭の海峡』を読んだ際、

その独特の切り口と圧巻の取材力から生み出される

門田ワールドに魅了され、

お目にかかれるのを楽しみにしてました。


<おすすめ本>
『慟哭の海峡』(門田隆将著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00OCF62W4/



ちなみに、上記の作品では、


▼ 「アンパンマン」とはいったい誰なのか?

▼ 作者のやなせたかし氏が「アンパンマンのマーチ」に込めた想い


などが分かります。



「アンパンマン」って、

大東亜戦争時にバジー海峡で弟を亡くされた

やなせたかし氏による深いメッセージが

込められていたんですね・・。


****************************************


よく、

「歴史は勝者がつくっている」

と言われます。



したがって

学校で習う歴史の教科書を暗記しただけだと、

歴史観に偏りが生じてしまう

のは想像に難くありません。



物事の本質は、

勝者・敗者の両方から見ないと

分からないのです。



そういう意味では、

門田先生が講演や書籍で取り上げられる、

「歴史の表に出てこない隠れたストーリー」

はとても新鮮ですし、


いままで自分の中で描いていた

「史実」や「歴史上の人物」に対するイメージが

ガラリと塗り替わったります。



と同時に、いかに

自分の視野が狭かったのか、解釈が偏っていたのか

を思い知らされる訳です。




最近は、そもそも

歴史に興味を持とうとする大人が減っている

ような気がしますが、むしろ私(安野)は、

学校教育しか知らない自分の視野の狭さに

気付かされる度、

「もっと歴史を学びたい!」

という知的好奇心が刺激されます(笑)。



また、もしも現代を生きるわれわれが

歴史への興味を失い、歴史の話しをしなくなれば、

先人が命をかけて「未来を生きる日本人」に託した想いが

次世代に引き継がれることなく、

断絶されてしまうでしょう。



これは非常に悲しいことではないか

と思います。



この気持ちは、以前、

鹿児島県の知覧町にある『知覧特攻平和会館』を訪れ、

特攻隊員の方々の遺書を読んだ時にも

強く感じましたが、


歴史を学ぶことは、

先人の想いを断絶させないための


現代を生きるわれわれ大人の責務


なのかもしれません。




ちょっと真面目に、

そんなことを考えました。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 学校教育を前提としたわれわれの歴史観は、

  多分に偏っているはず。

■ 主体的に歴史を学び、その本質を知ろうとすることは、

  先人の想いを次世代に引き継ぐという意味でも

  大切なことではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 20:58| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする