2016年09月28日

Vol.1409「自分との約束、守れていますか?」


当然ですが、

仕事というのは

「他人との約束を守ること」

を前提に成り立ちます。



お客様との約束、上司との約束、社内での約束など

を守ることなしに、

仕事は為し得ません。



したがって

社会人であれば誰しも、

日常の中で

他人との約束を守っていらっしゃるはずです。



ただし

「自己成長」という意味においては、

他人との約束に加えて、

自分との約束を守ることが必要不可欠

になります。



まあ、これがなかなか難しいんですけど・・



自分との約束を守ることが難しいのは、

他人との約束とは異なり、

その約束を守っているかどうかを

他人や周りから評価されたり、

誰かにチェックされることがないから。



要するに、

「水は低きに流れ、人は易きに流れる」

というやつです(汗)。



あと、何度か

自分との約束に挑戦したものの、

途中で挫折し、

自己嫌悪に陥ったり、

自分をダメな人間だと思ってしまうケース

もあるでしょう。



そういう経験をすると、

「だったら、自分との約束なんてしない方がいい・・」

と考え、

自分との約束がないがしろにされがちです。



これでは、

「自己成長」にはつながりません。




この点、見方を変えれば、

他人との約束を破ると

取り返しのつかないことにもなりかねませんが、


自分との約束は

自分にしか分かりませんので、

いくらでも取り返しが効きます。



したがって、

何度か破ったからといって、

約束すること自体を止めてしまうのではなく、

いったんリセットし、

「これならクリアできる」

と思えるような「小さな約束」を

少しずつ増やしていけばよいのではないでしょうか。




ちなみに、私(安野)の場合、

自分との「小さな約束」の一例として、


▼ 靴を揃える

▼ 足元のゴミに気付いたら拾う

▼ 毎日日記を書く

▼ 毎日ブログを書く

▼ 週に3冊は本を読む


などがあります。



厳密に守れているかどうかは、

我のみぞ知る・・(笑)。




他人との約束のみならず、

自分との約束にも目を向けたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「自己成長」という意味においては、

  他人との約束に加えて、

  自分との約束を守ることが必要不可欠。

■ 「これならクリアできる」と思えるような自分との「小さな約束」を、

  少しずつ増やしていけばよいのではなかろうか。








posted by 安野 広明 at 21:38| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする