2016年09月27日

Vol.1408「“思い”がなければ、招くことはできない」


松下政経塾の初代塾頭であり、

志ネットワーク「青年塾」代表の上甲晃氏は、


「人生は、自分の思い描く以上の結果は出せない」


と強調していらっしゃいます(『月刊致知』より)。



そして、

「思い」が小さいと「努力」も小さくなり、

「努力」が小さくなると「結果」も小さくなり、

「結果」が小さくなると「喜び」も小さくなる・・



だからこそ、


「思い」を大きく高く持つことが大切


なのだとか。



確かに、先日、

弊社の特別講演会でご講演いただいた植松努先生も、

「思うは招く」

とおっしゃっていますが、そもそも

何も思わなければ何も招くことはできない訳であって(笑)、


「常日頃からどんなことを思い描くか」


を、

明らかにしておく必要がありそうです。



ただそうはいっても、

モノや情報が溢れ、色々な意味で

満たされ過ぎている現代社会においては、


「別に、そんなに頑張らなくても食っていけるし」


という安楽の欲求が働き、

「思い」を大きく高く持つどころか、

自分の人生に対してどんな「思い」を持っているのかすらも

見失っている人が多い

のではないでしょうか。



これでは、

「思うは招く」以前の問題ですよね。




この点、上甲晃先生の塾では、

若者に自分の意志を持たせるために、

「不便、不自由、不親切」

という方針を徹底されているそうです。



あえて

手取り足取り教えることはせずに、

すべて任せて、自分の頭で考えさせる。



そんな中で、

「試行錯誤しながらもやり遂げた」

という充実感を持たせることによって、

「小さな自信」を生み出すのだとか。



おそらく

その「小さな自信」が、

自分の意志で踏み出すための勇気となり、

そうやって経験を積み重ねていくうちに、

様々な出会いも相俟って、

「思い」が大きく高くなっていくのではないか

と考えています。




ちなみに、個人的には、

自分の「思い」を明らかにするため、まずは

便利なスマホやSNSに触れる時間を減らし、

本を読んだり、自分と向き合う時間を増やすこと

から始めてみてはどうか

と思うのですが・・いかがでしょう?


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「人生は、自分の思い描く以上の結果は出せない」

  とすれば、

  「常日頃からどんなことを思い描いているか」

  が重要である。

■ ただし、「思い」を大きく高く持つどころか、

  自分の人生に対してどんな「思い」を持っているのかすらも

  見失っている人が多い(ような気がする)。

■ 「思い」を明らかにする上で、あえて

  「不便、不自由、不親切」

  を体験してみることがヒントになるかもしれない。









posted by 安野 広明 at 17:37| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする