2016年09月15日

Vol.1396「学びを共有することで、“成長の好循環”が生まれる」


自分で時間とお金をかけて

学んだ知識や経験は、

まさに「無形の財産」だと思います。



したがって、おいそれと

人に教えたくない、渡したくない

という気持ちも、

分からないではありません。



しかし

自分の中だけに留めてしまうと、

やがてその学びが、あたかも

買い溜めしてパントリーの奥にしまった食料品

のごとく(?)、

気付かないうちに消費期限が過ぎて

使えなくなる、もしくは

忘却の彼方に消える・・

なんてことは、よくある話し。



やはり、学んだ知識や経験は、

活用されてはじめて価値を生み出すもの

ですので、


出し惜しんだり、もったいぶらずに、

できるだけ

自分とご縁のある方々に共有した方がよい

のではないでしょうか。




そのように

自分だけのものにせず、常に開放し、

意識を外に向けていると、

不思議なことに、今度は

周りから価値ある情報が入ってくるようになります。



また、

自分の中身をさらけ出すことによって、


「もう話すネタが無い・・もっとネタを用意せねば!」


という心理が働き、

さらなる学び(=知識、経験)が促されるはずです。




したがって、もし仮に

講演会やセミナーに参加したならば、

そこでの学びは、ご縁のある方々に

共有されてみてはいかがでしょう。



そうやって

自分自身も周りの人も共に成長できる、


「成長の好循環」


を生み出すことができれば理想的だな〜

と感じる、今日この頃。




ちなみに、明日は、

共有するのに最適な、学びの場(*)

がございますので、

よろしければ是非ご参加下さいませ!(笑)



*詳細はこちらから → http://annokaikei.com/kouenkai28.pdf


******************************************


【本日のまとめ】

■ 学んだ知識や経験というのは、

  活用されてはじめて価値を生み出すので、

  出し惜しんだり、もったいぶらずに、

  自分とご縁のある方々と共有した方がよい。

■ そうすることで、自分自身も周りの人も、

  共に成長できる好循環を生み出すことができれば、

  理想的ではないだろうか。








posted by 安野 広明 at 22:13| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする