2016年08月28日

Vol.1378「“全体の中での個”という意識を持つ」


仕事をする上で、マイペースなのは

決して悪いことではないと思います。



私(安野)自身、どちらかといえば、

マイペースにコツコツ仕事するタイプですし。



とはいえ、

仕事というのは、

1人だけでは成り立たないのも事実。



自分がやりたい仕事や、自分にできる仕事だけを、

自分のペースでこなせばよい

というものではありません。


当たり前ですけど。



したがって、

会社全体の状況によっては、

自分が得意でない仕事や

自分のペースを乱される仕事

が舞い込むこともあるでしょう。



こればっかりは、

組織に所属する以上、

避けて通れないことだと思います。



そして、その際、

言われたことを素直に受け入れるのも、

「何で自分がこんなことやらないといけないのか?」

という反応を示す(もしくはそういう態度をとる)のも、

その人次第。



まあ、人間は変化を嫌う生き物なので、

いったん反発したくなる気持ちは

分からないでもないですし、

場合によっては

責任感の強さ故に、

そのような態度を示す方もいらっしゃる

かもしれません。



しかし、そもそも

仕事が振られるということは、

その背後には

「〇〇さんならできる」

という期待が込められているはずであり、

それに対して

「何で自分が・・」

という拒絶反応を示されては、

お互いの信頼関係を築くのが難しくなる

でしょう。



したがって

自分のペースを守るのも大事ですが、

それ以上に、

周りのペース、周りの状況にも目を向け、


「(会社)全体の中での自分」


という意識を持ちたいものです。




さらに言えば、このことは、

個人だけの問題ではなく、

会社に置き換えても同じ。



常に、


「社会全体の中での自社」


という意識を持ち、

自社の利益のみを追求するのではなく、

関係各社の利益や社会貢献にも

目を向けたいものです。



自戒を込めて・・


****************************************


【本日のまとめ】

■ マイペースであってもよいが、それ以上に

  周りのペース、周りの状況にも目を向け、

  「(会社)全体の中での自分」

  という意識を持ちたいもの。

■ お互いがそういう意識を持てば、

  強固な信頼関係が構築されるはず。








posted by 安野 広明 at 11:27| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする