2016年08月25日

Vol.1375「経営の中に、意図的に“客観的視点”を取り入れる」


昨日は、

230億円の負債から会社を建て直した起業家

であり、木村塾の塾長でもある

木村勝男先生(*)が来社。


*プロフィール → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%8B%9D%E7%94%B7

*木村塾について → http://www.kimurajyuku.com/kimura


<おすすめ本>
『逆境にまさる師なし』(木村勝男著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4884747208/



前回、益田木村塾に参加した際、


「これまでボランティアで1000社以上に訪問し、

 経営のアドバイスをしてきた」


と木村先生がおっしゃるのを耳にしたので、

図々しくも


「今度益田にお越しになられた際には、

 ぜひ弊社にも訪問して下さい!」


とその場でお願いしたところ、

快くお引き受けいただき、

今回のご訪問が実現しました。



こういうのは、

言ったもん勝ちですね(笑)。


******************************************


木村先生とは

2時間近くお話しさせていただいたのですが、

百戦錬磨の経営者だけあって、

弊社に必要な本質的課題を

ピシャリとご指摘下さいました。



また、

経営のステージの上げ方、

お金の活用方法、

B/Sビジョンの考え方、

起業家とはどういう人か?

などなど、

経営全般のアドバイスもいただきました。



ちなみに

私(安野)が木村先生のことを

県外の知人から教えてもらったのが、約3年前。


ご著書も拝読し、


「地元出身で、こんな凄い経営者がいらっしゃったとは!」


と衝撃を受けたのを

はっきり覚えています。



とはいえ、かなり遠い存在でしたので、

まさか弊社にお越しいただき、しかも

貴重なアドバイスまでいただける日が来るとは

思いませんでした。



木村先生ならびに益田木村塾の皆様には、

心より感謝いたします!




あと、今回、

改めて感じたのは、


「然るべき第三者」の目に


自社の実態や自らの考えをさらけ出すこと


によって、

自分だけでは決して分からない

様々な気付きが得られる

ということ。



とりわけ

経営者やリーダーの立場にいる人が

主観のみで意思決定すると、

思い込みや勘違いによって、

組織の舵取りを誤る恐れがあります。



そのように考えると、

経営の中に、意図的に

第三者のアドバイスをいただく機会を設け、

「客観的視点」を取り入れることによって、


「(組織が向かう)目的地の確認」と「航路の軌道修正」を心がけるべき


ではないでしょうか。



もちろん

誰でもよいという訳ではなく、

「然るべき第三者」

でなければ意味はないのですが・・


****************************************


【本日のまとめ】

■ 経営の中に、「然るべき第三者」による「客観的視点」を取り入れることで、

  「(組織が向かう)目的地の確認」と「航路の軌道修正」を心がけるべき

  ではないだろうか。 






posted by 安野 広明 at 18:23| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする