2016年08月22日

Vol.1372「“原因 × ご縁 = 結果”の法則」


いわゆる「自己啓発」の根底には、


「結果(=現在の環境)を生み出す原因は、自らの思考にある」


という、


「原因と結果の法則」


が存在するそうです。


<おすすめ本>

『“原因”と“結果”の法則』(ジェームズ・アレン著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B008BCC9YO/



ちなみに、上記の本は、

『聖書』の次に読まれているという

世界的なベストセラーであり、それだけ、

この法則に共感される人が多い

ことを意味します。



とはいえ

これまでの自分の人生を振り返った際に、

すべてがこの法則で説明できるか

というと、

決してそんなことはございません。



なぜならば、

「原因」と「結果」の間に

「ご縁」という要素が掛け合わさると、


自分でも予期せぬ「結果」をもたらすから。



私(安野)は過去に何度か経験しましたが、

人との「ご縁」によって、

いままで思考したことすらない

一段も二段も高いステージへと

引き上げられることがあるのです。




したがって

「原因と結果の法則」をベースにしながらも、

「ご縁」を大事にし、また時には、

「ご縁」に身を委ねることによって、

よりよい「結果」が手に入る

と考えています。


(これを、“原因 × ご縁 = 結果”の法則と名付けました 笑)



そして、

この「ご縁」を引き寄せるためにも、

留意しておきたいことがあります。



それは、

主体的に「行動」を起こし、なおかつ、


自分の「想い」を発信し続ける


ということ。



そういった努力もなく

「ご縁」ばかり求めても、

ある日突然、良縁に恵まれるなんてことは

滅多にございません。



発信した「想い」に共感・共鳴した人だけが、

新たな「ご縁」をもたらすはずです。




ということで(?)、

自らの思考に磨きをかける

と同時に、


「ご縁」を引き寄せ、よりよい「結果」を手に入れるためにも、

内なる「想い」を発信する(=アウトプットする)こと

を心がけたいものです。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「自己啓発」の根底には、

  「結果(=現在の環境)を生み出す原因は、自らの思考にある」という、

  「原因と結果の法則」が存在する。

■ 「原因と結果の法則」をベースにしながら、「ご縁」を大事にし、

  時には「ご縁」に身を委ねることで、

  よりよい「結果」が手に入るはず。 

■ 良い「ご縁」を引き寄せるためにも、

  主体的に「行動」を起こし、かつ、自らの「想い」を発信し続ける必要がある。








posted by 安野 広明 at 23:18| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする