2016年08月07日

Vol.1357「ブログのネタが尽きない理由」


ブログを3年半以上、毎日書いていると、

たまに、

「ネタが尽きませんか?」

と聞かれることがあります。



確かに、

特定分野についての情報提供や

ビジネス目的のブログであれば、

常に鮮度の高いネタが求められるため、

「毎日」となると

ハードルが高いでしょう。



しかし、当ブログのように、

「ご覧になられた方にとって多少なりともご参考になれば」

と願いつつも、基本的には

「自己成長」(=自己満足!?)を目的としたブログ

の場合、

毎日書いてもネタが尽きることはありません。



なぜならば、その実態は、


同じような内容を、切り口を変えながら書いているだけ


だからです(笑)。



そもそも「自己成長」をテーマにした時点で、

行き着く先は、


▼ ご縁が大事 

▼ 感謝が大事

▼ 志が大事

▼ 実践が大事


などといった

(原理原則的な)内容に集約されるはず。



世の中に出回っている自己啓発本を読むと、

結局のところ

言っていることはどれもほとんど同じ

だったりしますよね。


それと似た感覚です。



そのように考えると、

当ブログでやっていることは、


「自らの日常体験を振り返りながら

 具体的な切り口を見つけ、あとは

 (上記のような)原理原則的かつ抽象的な内容に

 自分の言葉を用いて紐付ける」


という作業になります。



つまり、

どこかから新鮮なネタを仕入れる必要はなく、

日常体験がそのままネタになる訳です。




「そんなことやって、なんか意味あるの?」

と思われそうですが(汗)、侮るなかれ。



「自己成長」という観点では、

この作業を繰り返すことで

様々な副次効果がございます。



例えば、


▼ 具体(的な切り口)から抽象(的な内容)へと紐付ける過程において、思考力・想像力が鍛えられる

▼ 自分の言葉を用いることで、言語化力が磨かれる

▼ どんなことでもネタにして、人に話せるようになる

▼ 何度も同じような(抽象的)内容を書くことで、自分の意識に刷り込まれる


などなど。




「ブログを書く」

というと、

「ネタが無くなったらどうしよう・・」

と思い悩んで始められない人が多い

ようですが、少なくとも

「自己成長」をテーマにするのであれば、

ネタはいくらでも転がっていますので、


あまり肩肘張らず、

もっと気楽に始められたらよいのではないか

と思います。



副次効果を考慮すると、

費用対効果はかなり高いですよ〜(笑)。




当ブログの過去記事一覧を眺めながら、

そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 当ブログの実態は、

  同じような内容を、切り口を変えながら書いているだけ。

■ 「自己成長」をテーマにすると、行き着く先は、

  原理原則的な内容に集約されるはず。

■ 副次効果を考慮すれば、

  ブログを書くことの費用対効果は高い。






posted by 安野 広明 at 16:18| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする