2016年07月28日

Vol.1347「何を中毒化するか?によって、人生の質が変わる」


「アルコール中毒」、「ニコチン中毒」、「薬物中毒」

というように、

世の中には中毒性の高いものが

たくさんあります。



最近では、時代を反映した

「スマホ中毒」

なんて言葉を

よく耳にするようになりました。



先日のエントリ(*)でも書きましたが、

「スマホ中毒」は無意識のうちに進行しますので、

いま一度、

ITとの付き合い方を考えるべき

かもしれません。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1344「ITとの付き合い方について思うこと」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160725-1.html




かくいう私(安野)も、一時期、

「セミナー中毒」

になりかけたことがあります。



セミナーに出ること自体が目的化し、

講師への依存心が生まれ、

セミナー受講を心地よく感じるようになったのです・・。



まあ、実際のところ、いまでも

セミナーにはしょっちゅう足を運びますが、

お陰様で、以前のような

依存心からくる中毒性は

払拭されました。




このように、一般的には

中毒化は人生に悪影響を及ぼすもの

だと認識されています。



しかし、個人的には、

良い影響を及ぼすものもあるのではないか

と考えており、その代表例が、

「読書中毒」です。



私の場合、数年前から読書にはまり、

いまでは完全に中毒状態。



先ほどの「セミナー中毒」を抜け出すことができた

のも、おそらく

読書をしていたお陰でしょう。



ちなみに

「読書中毒」の症状としては、


▼ どこへ行くにも手元に本が無いと落ち着かない

▼ 近くに本屋があれば、つい立ち寄ってしまう(そして何冊か買ってしまう・・)

▼ 本屋に入ると、妙にテンションが上がる

▼ 自宅の書棚に並べた本の背表紙を眺めていると、なぜか落ち着く


といったところでしょうか(笑)。



中毒化しても他人に迷惑をかけないばかりか、

中毒になればなるほど

知識が増え、感性が磨かれ、想像力・思考力が鍛えられます。



結果として、

自分の仕事や私生活において生かせる上に、

他人に対しても

よき言葉かけやアドバイスが

できるようになり、

人生を豊かにしてくれるはずです。




どうせなら、

その場限りの快楽(アルコール、ニコチン、スマホ等)よりも、

読書を習慣化、さらには中毒化し、

自己成長につなげたいものです。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「中毒」というと、悪影響を及ぼすものがほとんどだが、

  中には、「読書中毒」などといった

  良い影響を及ぼすものもある。

■ 「読書中毒」は、他人に迷惑をかけないばかりか、

  中毒になればなるほど

  知識が増え、感性が磨かれ、想像力・思考力が鍛えられるはず。









posted by 安野 広明 at 16:20| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする