2016年07月31日

Vol.1350「出会いを生かせば、一足飛びに成長できる」


過去のエントリ(*)で、


「自分の成長に応じて、出会う人も変わる」


という内容を書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
http://bplan.seesaa.net/archives/20160722-1.html



ここで書いたのは、基本的に、

自分が成長する、もしくは成長しようと努力すれば、

その段階に相応しい出会いが待っている

という意味です。



今日はこのことに関して、

少し補足します。




出会いというのは不思議なもので、

自ら積極的に足を運び

人に会うことを心がけていると、

自分が目指したいレベルの人のみならず、

いまの自分の実力からすれば

想像できないレベルにいらっしゃる達人・上段者に、

(予期せず)出会うことがあります。



ちょっとマニアックな例で恐縮ですが、

それはあたかも、

社会人のフットサルチームに入って試合に臨んだら、

対戦相手チームの中に

プロ並みの選手(=達人・上段者)が混じっていた・・

という感じ。



こちらが

中・高時代にサッカーしていた程度の実力であれば、

あまりに実力差がありすぎて

勝負にならないでしょうし、内心、

「いやいや、この人には敵わないでしょ・・」

と早々に諦めるのが関の山

だと思います。

(少なくとも私(安野)の場合は、そうでした 汗)




ただ、自己成長という意味においては、

予期せず達人・上段者に出会った際、


「この人は自分とは違う世界の人だ」

「この人だからできるんだ(自分には到底無理)」

「すごいんだけど、自分には参考にならない」


などと結論付けて、

せっかくの出会いを無駄にするのは

非常にもったいないことです。



最初から

「別次元の人」だとして諦めるのではなく、

その人から得られるもの、学べるものはないかを、

自分なりに観察し、試行錯誤する姿勢が大切

ではないでしょうか。



おそらく

全てにおいて圧倒的な実力差があるため、

達人・上段者についていくには

こちらとしても相当な負荷がかかります。



しかし、そうやって、

思いっきり背伸びしてでも

何とか食らいつこうとあがいているうちに、


一足飛びに成長できる


なんてこともあるはず。



そういう意味では、

せっかくの出会いを生かすも無駄にするのも

自分次第なんですよね。




過去の自身の出会いを振り返りながら、

そんなことを考えました。


********************************************


【本日のまとめ】

■ いまの自分からすれば、達人・上段者と呼べるレベルの人と出会った際、

  分不相応と諦めるのではなく、

  なんとか食らいついてそこから学ぼうとあがき続けることで、

  一足飛びに成長できることがある。

■ せっかくの出会いを生かすも無駄にするのも、自分次第。









posted by 安野 広明 at 21:30| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

Vol.1349「“ファースト・ペンギン”を目指し、“やった人にしか分からない経験”を積み重ねる」


先日、


「宗味(そうみ)をたのしみ繋がる会」


という、


「地酒を通じて、地元での交流を深める会」


を開催しました。



今回で第2回目。



4月に開催した第1回に引き続き、

約30名の皆様にお集まりいただきました(半数以上が初参加)。



もともとは、

創業1602年、400年以上の歴史を持ち、

益田市を代表する酒蔵(=右田本店)の銘酒「宗味」(*)を、

いま一度地元の皆様に味わってもらいたい。


* ご参照下さい → http://migitahonten.jp/



そして「宗味」を通じて、

新たなご縁が繋がり、

地元について語り合っていただきたい

という目的で、

私(安野)が数名の方に声掛けし、

私を含めた発起人5名で起ち上げました。



今回も、前回同様、

年齢や職業がバラバラで、

この会に参加しなければ出会わなかったであろう方々が繋がり、

美味しいお酒も手伝って、大変盛り上がったのは

良かったと思います。



ちなみに、流れとしては、

まずは右田本店の常務さん(15代目)が

季節に合ったお酒を4〜5種類用意し、

それぞれの特徴について説明しながら

参加者に味わってもらう。



その後は、

各自が気に入ったお酒を選び、

地元の食材を用いた料理と共に、

お酒と料理と会話を楽しんでいただく

という、

ごくシンプルな内容です。



参加メンバーが固定された頼母子や飲み会は

地元にもたくさんありますが、

当会のような集まりは、ありそうでないため、

今後継続する中で

どのように発展していくのか、

とても楽しみです。



とはいえ、

発起人5名による手作りの会

ということもあり、

運営する中で、至らない点や改善点が

たくさん見えてきました。



私は前回同様に司会進行をつとめましたが、


「う〜ん、もっと〇〇した方が良かったな〜」


などと、

後になって反省しきりです(汗)。



まあ、それでも、

全体的に、1回目よりは確実に進歩した

とは思いますが・・。




そして今回、改めて感じたのは、


「どうすれば参加者にもっと喜んでいただけるか?」


といった全体的な改善点は、

主催者側にしか分からないことが多い

ということ。



もちろん

参加者からもたくさんのご意見をいただきましたが、

やはり根本的に、

主催者とは見ている視点が異なるのです。




また、このようにして、

「ファースト・ペンギン」(*)を目指し、

他の人がやらない取組みに挑戦することで、


「やった人(=主催した人)にしか分からない経験」


を積み重ねていくことは、

きっと何かしらの形で

将来にも生かせるのではないか、

とも感じました。



* 群れの中で勇気を持って最初に海に飛び込むペンギンを

  「ファースト・ペンギン」と呼ぶ(インターネットより抜粋)




ちょっと抽象的な内容で恐縮ですが(汗)、

今回のイベントを振り返り

そんなことを考えたので、

備忘録を兼ねて書き残した次第です。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「やった人にしか分からない経験」

  を積み重ねていくことは、

  何かしらの形で、将来にも生かせるはず。

■ 積極的に、「ファースト・ペンギン」を目指したいもの。







posted by 安野 広明 at 21:11| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

Vol.1348「“メイクアップセミナー”のご案内」


弊社では、毎月、

「お役立ちセミナー」を開催しています。



会計事務所が主催するセミナー

というと、一般的には、


▼ 決算書の見方・使い方

▼ 経営計画(もしくは利益計画)のつくり方

▼ 税制改正

▼ 節税対策

▼ 事業承継

▼ キャッシュフロー経営


などがよくあるテーマですが、

そういう意味において、

弊社のセミナーは

ちょっと変わってます。



もちろん


▼ 消費税増税直前対策セミナー

▼ 相続・贈与セミナー

▼ 助成金セミナー

▼ マイナンバーセミナー


などといった旬のテーマ

を入れることもありますが、

基本的には、ジャンルを問わず、


▼ フラワーアレンジメントセミナー

▼ 日本酒講座

▼ ストレッチ体操

▼ 食育セミナー

▼ 絵手紙教室


などなど、

地元でご活躍されていらっしゃる方を

講師としてお招きし、

どなたにもご参加いただけるセミナー

を開催しているのです。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/oyakudati.html



お陰様で、これまでに、

弊社のお客様に限らず、

地域の皆様と

たくさんのご縁をいただくことができました。



これからも、

継続して参りたいと思います。




ちなみに8月には、

少人数制の

「メイクアップセミナー」

を開催いたしますので、

ご興味のある方は是非!



詳細は、こちらからご覧下さいませ。
     ↓
http://annokaikei.com/semina/28.7.pdf






posted by 安野 広明 at 14:30| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする