2016年06月30日

Vol.1319「“感覚を言語化する力”を鍛える」


私(安野)は、以前から、


「自分の言葉を紡ぎ、

 自らの世界を自在につくり出せる人」


に対して強烈な憧れを抱いている

のですが、

最近、そういった方には

共通点があることに気が付きました。



それは、


「感覚を言語化する力」に長けていらっしゃる


ということ。



すなわち、

一般的には言語化の難しい

人間の暗黙知的、センス的、感覚的な部分について、

意識的に目を向け、

それを自身の言葉で紡いでいらっしゃる

のです。



そして、このこと自体が、

(言葉にできず)感覚のままに生きている(?)

私のような人間からしてみれば、


「言葉で世界をつくり出している」


ように見える

のだと思います・・たぶん。



では、どうすれば

「感覚を言語化」できるようになるのか?



それは、

感覚的に分かっている(もしくは分かったつもりになっている)ことを

そのままにせず、

いったん立ち止まって

「なぜそう思うのだろうか?」

と自問自答し、

多少時間をかけてでも


言語化・文章化することを繰り返すしかない


と考えています。



実は、当ブログも

そのための訓練だったりするのですが、

いざ言語化してみると、

案外、自分自身がよく分かっていなかったことに

気付かされる毎日です・・。




これからも地道に

「感覚を言語化する力」を鍛え、

いつかは

自分の言葉を紡いで

自らの世界をつくり出せるように

なりたいと願っております。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「自分の言葉を紡ぎ、自らの世界を自在につくり出せる人」

  に共通しているのは、

  「感覚を言語化する力」に長けていらっしゃる

  ということ。

■ 言語化・文章化を繰り返すことで

  「感覚を言語化する力」を鍛え、

  いつかは自らの世界をつくり出せるように

  なりたいもの。







posted by 安野 広明 at 16:29| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする