2016年06月21日

Vol.1310「メンバーの“当事者意識”が組織を強くする」


強い組織というのは、

メンバーが「当事者意識」を持っている組織

だと思います。



例えば、社内で

お客様にかかわるトラブルやクレームが発生した際、

それが自分の担当先では無かったとしても、


「大変そうだね」

「頑張ってね」

「かわいそうに・・」


と見守る(もしくは傍観する)だけではなく、

「当事者」として、


「会社のために、この事態をなんとかしないといけない」


「自分に何かできることはないだろうか」


と考えて行動する

ということ。



メンバー1人1人がこういった意識を持つ

ようになれば、

どんなトラブルが起ころうと

組織力で乗り越えることができますし、

経営者の立場としても

これほど心強いものはないでしょう。



こんなことを書くと、


「それは経営側が描く理想論だ」


と思われるかもしれません。



しかし

お給料一つとっても、

会社から支払われているように見えて、

実際には、

お客様からいただいた収入(=売上)の一部が

社員に支払われているに過ぎないのであって、

そう考えると、

担当であろうがなかろうが、

事務職であろうが営業であろうが、

社内のメンバーは

すべてのお客様と関わりがあるはず。



「あのお客様は、自分の担当じゃないし」

といった我関せずの態度は、

あまりに視野が狭いと言えましょう・・




まあ、いずれにしても、

強い組織を目指すために、

経営者やリーダーは

メンバーに「当事者意識」を持ってもらえるような工夫や仕組み

を考えなければならない、

と思った次第。



本日は、短めで。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「あのお客様は、自分の担当ではない」

  といった我関せずの態度は、あまりに視野が狭いと言える。

■ 強い組織を目指すために、

  メンバーに「当事者意識」を持ってもらえるような工夫や仕組み

  を考える必要がある。





posted by 安野 広明 at 18:57| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする