2016年06月18日

Vol.1307「後継者という宿命について思うところ」


「2代目経営者」とか「後継者」

というと、

「苦労せずに経営者になれていいよな〜」

と口にする、もしくは、

言外に匂わす方がいらっしゃいます。


まあ、実際、

そういう側面もあるのでしょう。



ただし、後継者にも、

必ず試練が待っています。



それは、

時代が加速度的に変化する中で、

どこかで大きく経営の舵を切らなければならない

ということ。



そして、その際、

どんな会社であれ

社内の反発が起こります。


人は、変化を嫌う生き物ですので、

当然と言えば当然でしょう。



しかし、

会社の将来に対して誰が責任を負うのか

というと、

社員ではありません。


他ならぬ、後継者です。



したがって、

最大限、社内のフォローをしながらも、

強い意志を持ってやり切るしかない

と考えています。



もしも

方向性を見誤れば、

自分の責任で

社員やそのご家族を不幸にしてしまいますので、

そうならないためにも、

常に外に目を向け、

大局的な流れを掴まなければなりません。



そんなプレッシャーの中で

強い意志を持ってやり続けるというのは、

精神力が求められますし、

けっこう孤独です。


だからこそ、

異業種であれ、

志を同じくする仲間の存在は貴重

だと思います。

(ただの飲み仲間では意味がありませんが・・)




また、後継者の場合、

創業者のような

カリスマ性がある訳でもなく、

無条件に社員がついてきてくれる訳でもありません。



基本的には、

思うようにいかないことがある度に、

真剣に相手と向き合い、

自分と向き合い、

解消していくしかないでしょう。



苦悩を糧にして、

経営者として成長するのです。




ここで書いたことは

その立場になった人にしか分かりませんし、

誰かに分かってもらおうとするものでもない

と思います。



とはいえ

「次世代リーダーの会」(*)をはじめ、

様々な場面で若手後継者とお会いする機会があるため、

後継者という宿命を背負うことについて、

思うところを書き綴ってみた次第。



*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html




あ、そういえば、

私(安野)自身も2代目経営者でした(笑)。



後継者という宿命を、気負わず、

楽しめるようになりたいものです。



****************************************


【本日のまとめ】

■ 後継者には、

  「時代が加速度的に変化する中で、どこかで大きく経営の舵を切らなければならない」

  という試練が待っている。

■ 後継者という宿命を楽しめるようになりたいもの。



posted by 安野 広明 at 09:01| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする