2016年06月08日

Vol.1297「福井の“8番らーめん”から学んだこと」


昨日は

朝から福井県に移動し、

上坂会計グループ様(*)を訪問。


* http://www.uesaka.ne.jp/



今回お邪魔することになったのは、

『月刊実務経営ニュース』の中で

弊社について書かれた記事(*)を、

上坂会計のKさんが読んで

ご連絡下さったのがきっかけです。


*ご参照下さい → http://www.mjs.co.jp/account/interview/business_plan/



実はKさんとは、過去に、

会計事務所視察ツアーで何度か

お会いしたことがあります。



数年ぶりにご連絡いただいたのですが、

もともと私(安野)は

上坂会計様の取組みに注目していた

ということもあり、

「これはチャンス!」とばかりに

無理を言って見学をお願いした次第。



同じローカルという条件の下、

福井県でもトップクラスでご活躍されている

上坂会計様の舞台裏を知ることができたのは、

貴重な経験となりました。



快く見学を受け入れて下さり、

本当にありがとうございます!



ちなみに、福井といえば

福井竜(=別名、フクイサウルス)が有名で、

恐竜好きな私としては、福井駅前にある

リアルな恐竜のモニュメント(しかも動く!)には

かなり興奮しました。



残念ながら

今回は時間がありませんでしたが、

次に福井を訪れることがあれば、

『福井県立恐竜博物館』(*)に行ってみたい

と思います(笑)。


* http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/


******************************************


昨晩、

上記のKさんと情報交換を兼ねて食事した後、

福井県で有名という

『8番らーめん』(*)に連れて行ってもらいました。


* http://www.hachiban.co.jp/



実際に食べてみると、

野菜がたっぷり入っていて、

とてもやさしい味。


人気なのも、分かる気がします。



そして、私が驚いたのは、

ラーメン屋として50年続いているということ。


年輩の方からお子さんまで、

3代に渡って食べられている、

まさに地元に愛されたラーメン屋です。



どこの店舗で食べても味が変わらない

そうですので、

社員教育や品質管理もしっかりされている

のでしょう。



また、Kさん曰く、

時代に合わせて少しずつ味を変えている

とのことでした。



さらに、海外進出も行い、

タイを中心に100店舗以上出店されているとか。



そのような

弛まぬ努力と積極的な挑戦によって、

長きに渡り地元に愛され続けているのだな〜

と感じました・・。




このことを我々に置き換えて考えてみると、

弊社は現在で36年目。


8番らーめんに比べれば、

まだまだです(笑)。



50年間、

地元で必要とされる存在であり続けるためには、

8番らーめんのように、

お客様のニーズの変化に対応するべく

常に変化・改善していかなければなりませんし、

新しいことにも挑戦していく必要があります。




地元の風景に溶け込むようにたたずみ、

周囲から必要とされ、

なおかつ、

水面下では弛まない努力と挑戦を継続している。



そんな会社を目指したいと、

改めて思いました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 長きに渡って地元に愛され続けているお店ほど、

  水面下では弛まぬ努力と積極的な挑戦を繰り返している。

■ 福井の8番らーめんのような存在を目指したいもの(笑)。





posted by 安野 広明 at 12:22| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする