2016年06月24日

Vol.1313「野山獄のエピソードから学べること」


先日の

白駒妃登美先生のご講演(*)の中で、

吉田松陰が野山獄に投獄された時のお話し

がありました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1300「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160611-1.html



実は、私(安野)が昔から好きなエピソード

でもあります。



簡単にまとめると、


(ここから)
 ↓

当時、獄内には11人の囚人がいたのですが、

出獄の当てもなく、いずれも

生きる希望を失っていました。


そんな環境でも、松陰は、

日々読書に没頭し、

なんと1年間に約600冊を読破したそうです。


それどころか

囚人たちのよいところを見つけ、

書が得意な囚人や俳句が得意な囚人を

師匠に立て、

皆で習い事を始めます。


いつの間にか獄内は、

互いに学び合う学校に変わってしまったのです。

 ↑
(ここまで)


・・と、こんな感じでしょうか。



つまり、松陰は、

獄という環境を、


「刑罰を受ける場所」から「学びの場」に高めた


ということです。



また、白駒先生は、

このエピソードを踏まえて、


人というのは、他人からどう扱われるかで変わる


ともおっしゃっていました。



確かに、

いつ出獄できるかも分からず

生きながら死んでいたといってもおかしくない

囚人たちが、

師匠という立場で人に教え、

人から必要とされるようになる訳ですので、

変わらないはずはありません。


実際、しばらく後に、

多くの囚人が出獄を許され、

立派な人物として余生を送ったそうです。




このエピソードから、

現代に生かせる学びはたくさんあると思います。



とりわけ

経営者やリーダーの立場にある人は、

「田舎だから・・」と環境を言い訳にせず、

場を高める努力を続け、また、

社員1人1人が主役になるような取組みを

試行錯誤する必要がある

のではないでしょうか?



自戒しつつ、そんなことを考えました。


**********************************************


【本日のまとめ】

■ 吉田松陰が野山獄に投獄された時のエピソードには、

  現代に生かせる学びが詰まっている。

■ その中でも、

  「どんな環境でも場を高めることはできる」

  「人というのは、他人からどう扱われるかで変わる」

  という学びは、

  とりわけ経営者やリーダーの立場にある人は

  肝に銘じておきたいもの。





posted by 安野 広明 at 07:26| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

Vol.1312「予定調和の人生とは、おさらばしましょう」


昨日は

次世代リーダーの会(*)でした。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html


ここのところ

参加者は少な目ですが(涙)、

昨日も感じたのは、


参加し続けて下さっている人の変化率がすごい


ということ。



以前に比べると、

それぞれの意識レベルや行動レベルが

格段に上がっているのです。


毎月の定例会で

実践報告を耳にしていますので、

よく分かります。



いい意味で

皆さんの脳内リミッターが外れ、

予定調和の人生から抜け出していらっしゃる、

そんな感じ。




そもそも「予定調和」とは、(一般的には)
 

「予め結末は分かっている物語りにおいて、

 その予定通りの結末が描かれること」


を意味します(インターネットより抜粋)。


テレビでいえば

『水戸黄門』などの時代劇が典型例。



仮に、このことを「人生」に置き換えると、

人生という長編ストーリーにおいて、


「いまのまま、与えられた仕事を

 必要最低限、卒なくこなせば、

 あと〇年後には〇〇という役職がもらえて、

 〇年後には退職して、老後は趣味の〇〇に興じ、

 だいたい〇〇歳まで生きられる」


みたいな結末があった場合に、

その通りの人生を送るべく、

自分の仕事と関係無さそうな行動を起こしたり、

リスクを冒すようなことは絶対にしない

というのが、

まさに予定調和の人生。



まあ、決してそれが悪いとは思いませんし、

安定志向の人にとっては

むしろ望ましいのかもしれません。



しかし、

上記の次世代リーダーの会の

変化率の高いメンバーは、


「自分でもどうなるか分からないけど、

 やったことがない新しいことに挑戦して、

 自分の視野やご縁を広げたい」


という発想で、

積極的に行動していらっしゃいます。



そうすると、

自分でもまったく予想できなかった

発見やご縁があったりして、

次々と予定調和は崩れていくのですが(汗)、

そこに楽しさを感じ、さらなる行動を起こすため、

傍から見ていると

物凄いスピードで変化しているように

見える訳です。



そして

その姿を見た人も刺激を受け、行動が促される

という相乗効果が起こったりします。




かくいう私(安野)自身は、

予定調和の人生なんてまっぴら御免

というスタンスですので(笑)、

これからもメンバーの皆さんから

刺激を受け、または刺激を与えつつ、

変化スピードを高めていきたい

と考えております。



もしも

もっと成長したい、視野を広げたいと思われるなら、

予定調和の人生とは、おさらばしましょう!


******************************************


【本日のまとめ】

■ 変化率の高い人は、いい意味で脳内リミッターが外れ、

  予定調和の人生から抜け出している。

■ もっと成長し、視野を広げるためにも、

  予定調和の人生とは、おさらばしましょう!





posted by 安野 広明 at 15:45| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

Vol.1311「言葉によって何をイメージさせるのか?」


先日、

日本ペップトーク普及協会会長の岩崎由純先生

のご講演を拝聴する機会がありました。



「ペップトーク」とは、


「前向きな背中のひと押しをする、激励の言葉」


のこと。



2011年、女子サッカーワールドカップ決勝で

PK戦になった際、

なでしこジャパンの佐々木則夫監督が、

満面の笑みで

「思いっきり、楽しんでこい!」

と選手を送り出したのは有名なエピソードですが、

あれなんかはまさに

「ペップトーク」の代表例です。



ご講演の中では、


「言葉で相手に何をイメージさせるか?」


について、

具体例を交えてお話しがありました。



一例を挙げると、

「試合に負けたら走らせるぞ!」

という言葉は、

負けるイメージを与えるし、


「ミスをするな!」は

ミスするイメージを与え、

「ミスをしろ!」と言っているようなもの

だとか。



とにかく、

して欲しいことを伝える、もしくは、

成功をイメージさせることが大切

だそうです。



あと、

「自分は大事な時にミスをするタイプだ」

というように、

自らにネガティブなレッテルを貼るのも、

イメージが刷り込まれることで

その通りになりやすい

とおっしゃっていました。



普段、何気なく使っている言葉でも、


「(言葉による)イメージが現実化する」


という意味では、

もっと言葉に細心の注意を払う必要があるな〜

と、改めて感じます。




また、このようにして

言葉の使い方に注意・工夫すると同時に、

それ以上に大事なのは、


常日頃から相手との信頼関係を築けているかどうか


ということ。



ここが無くして

いくらトークテクニックを磨いたところで、

相手に思いは伝わらないでしょう・・




ちなみに、岩崎先生は、

「ペップトーク」の反対を

「プッペトーク」と呼んでいるそうです(笑)。



自分の発する言葉が、

「ペップトーク」どころか

相手のやる気を奪う

「プッペトーク」になっていないか、

いまいちど見直したいと思った次第。



本日は、備忘録を兼ねて。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「ペップトーク」の基本は、

  相手にして欲しいことを伝える、もしくは、成功をイメージさせる

  ということ。

■ 常日頃から相手との信頼関係が築けていなければ、

  いくらトークテクニックを磨いたところで、

  相手に思いは伝わらない。





posted by 安野 広明 at 16:27| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする