2016年05月31日

Vol.1289「“自分の未熟さ”に気付かせてくれる機会はありますか?」


人は無意識のうちに、

自らが築いた「常識」や「思い込み」や「固定観念」

にとらわれ、

視野が狭くなるものです。



例えば、

地方に長く住んでいると、

そのコミュニティでの「常識」が世間一般の「常識」

だと思い込み、いつの間にか、

狭い世界の中で物事を判断

するようになってしまいます。



さらに言えば、

当該コミュニティの中で

周囲からそれなりの評価を得た人は、

わがもの顔で振舞ったり、

世の中を分かり切ったような勘違いをする

なんてことも・・



おそらく、その姿は、

コミュニティの外の世界にいる人からすれば

とても滑稽に見えるでしょうし、

「お山の大将」になった時点で

その人の成長は止まるはず。



であるからこそ、

自らの「常識」や「思い込み」を打ち壊し、


「自分の未熟さ」に気付かせてくれる機会


を意識的に設けるべき

だと考えています。




その際、効果的なのは、

外の世界にいらっしゃる

「基準値の高い人との対話」

です。



ちなみに、私(安野)の場合、

できるだけ外の世界に出て人に会ったり、

定期的にコンサルを受けることで、

その都度、徹底的に、

「自分の未熟さ」に打ちのめされております(汗)。




また、もっと手軽な方法として、

「本を読む」のが効果的

かもしれません。



本の中には、

自分の知らない世界が広がっていますし、

「常識」や「思い込み」を打ち壊してくれる言葉との出会いも

たくさんあるはずです。




・・いずれにしても、くれぐれも

「お山の大将」にだけはならぬよう、

心に留めておきたいもの。



そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「お山の大将」になると、その時点で、

  そこから先の成長は止まってしまう。

■ 自らの「常識」や「思い込み」を打ち壊し、

  「自分の未熟さ」に気付かせてくれる機会を

  意識的に設けるべきではないだろうか。






posted by 安野 広明 at 17:16| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする