2016年05月21日

Vol.1279「日常の“人間関係”は、最も身近な“修業の場”です」


「修行をする」

というと、

山やお寺に何日も籠もるイメージ

がありますが、

実際には、もっと身近に

「修行の場」が用意されています。



それは、

日常における「人間関係」

です。



真剣に向き合えば、

人が成長していく上で、

これほど鍛えられるものはないと思います。




例えば、

相手と感情がぶつかったり、

気持ちがすれ違ったりした際に、

相手の欠点をあげつらい、

自己正当化したまま放置すれば、

相手との関係が悪化することはあれど、

改善に向かうことはあり得ません。



そんな時は、


「自分は悪くないんだから、あちらが反省するべきだ!」


と言いたくなる気持ちをグッと抑え、


「なぜあの人は、あんなことを言ったのだろう?」

「どうしてそんな行動をとるのだろう?」

「自分の言動は、100%正しかったのだろうか?」

「もう少し伝え方を工夫できなかったかな?」

「どうすれば関係が改善されるだろうか?」

「それを含めて、自分の責任なのかもしれない・・」


など、あ〜だのこ〜だのと

思考を巡らせることが大事。



そして、

その際に生じた心の葛藤から

目を背けず、乗り越えようと努力し、

よりよい関係を構築するために、

勇気を振り絞って

具体的なアクション(声掛け等)を起こすことです。



そうやって繰り返すうちに、

人間的にも成長していける

と信じています。




かくいう私(安野)自身、日々、

「人間関係」という「修行の場」で、

悩みに悩み、時には

心が折れそうになることもありますが(汗)、

「これも修行だー!」

と唱えつつ、

ご縁をいただいた方々と

よりよき関係を構築していこう

と意を新たにした次第。




本日は、短めで。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 真剣に向き合えば、

  日常における「人間関係」は、まさに「修行の場」である。

■ よりよい関係を構築するために

  勇気を振り絞って具体的なアクションを起こすことが、

  人間的な成長にもつながるはず。




posted by 安野 広明 at 19:28| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする