2016年05月04日

Vol.1262「“自分”は何によって形成されているのか?」


「いまの自分」

というのは、

「これまでに出会ったすべての人や経験や環境」

によって形づくられてきた

と考えています。



すなわち

出会った人や環境が異なれば、

少なくとも

「いまの自分」にはなっていないはずですし、

どんな小さな出会いや経験も、

「いまの自分」を形成するために必要だった

ということ。



過去を振り返った時に、


「あの時、あの人に出会わなければ、

 いまの道に進まなかっただろうな・・」


「あの経験がいまに生かされている・・」


なんてことは、誰にでも

あるのではないでしょうか。



もちろん、その逆も然りで、


「あの経験さえなければ、

 もっと違う人生を送っていたはずなのに・・」


と後悔の念に苛まれることも

あるかもしれません。



まあ、それを含めて

「いまの自分」

ということです。




そして、当然ながら、

「これからの自分」も、

同じようにして形成されていきます。



そう考えると、

これから(=いま、この瞬間から)起こるであろう

すべての出会いや経験が、

貴重で、かつ、楽しみなものに感じられる

のは、

私(安野)だけではないはず。




また、その際、

「将来的にどういう自分でありたいか?」

という

理想のイメージを持っているか否か

によって、

同じ出会いや経験があったとしても、

解釈の仕方が変わり、結果的に

形づくられていく将来の自分の姿も

違ってくるような気がします。



ちなみに私の場合、

理想だけ(?)は高く、

「もっと胆力を鍛えたい」

という願望がございますので、

これからやってくるであろう

「試練」や「苦難」や「悩み」などは、

避けて通るよりも、むしろ

積極的に受けて立ちたい、

苦悩が多いことに挑戦していきたい、

と考えております。




実際には、その時になってみないと

どんな自分が形づくられているか

は分かりませんが、


「すべての出会いや経験が自分を形成する」


という前提で、

目の前の事象に意識を向けてみてもよいのではないか

と思った次第です。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「いまの自分」は、これまでに出会ったすべての人や経験や環境

  によって形成されている。

■ そして「これからの自分」も、同じようにして形成されていく。

■ 「将来的にどういう自分でありたいか?」という理想のイメージ

  を持っているか否かによって、

  同じ出会いや経験があったとしても、解釈の仕方が変わり、結果的に

  形づくられていく将来の自分の姿も違ってくるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 15:31| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする