2016年05月22日

Vol.1280「人は心持ち次第で、いつでも“無敵”の状態になれる」


昨日は


「真剣に向き合えば、日常における“人間関係”は

 人が成長するための“修行の場”になる」


という内容を書かせていただきました。


今日は、その続きです。



上記の修行に取り組むに当たって

心がけたいのが、

「敵をつくらない」

ということ。



「あの人が悪い」、「環境が悪い」

などと敵をつくって攻撃し、

自己防衛することは簡単ですが、

そのような他責思考でいる限り、

いくら修行の場に臨んだとしても

成長することはあり得ません。



まあ、さすがに

相手から暴力をふるわれたり暴言を吐かれた場合には、

いったん距離を置いた方がよい

のかもしれませんが(汗)、

そうでもない限り、

相手を敵とみなして斜に構える

のではなく、まずもって

相手と「正対」する必要があると思います。



例えば

厳しい上司がいた場合に、

こちら側が変に萎縮したり、心を閉ざしたり、目を背けたり

していては、そのうち、

「自分にとって、この上司は敵である」

と認識してしまうでしょう。



そんな時は、

心の中で相手と「正対」し、

その上司を、

「包丁を研ぐ際の荒砥石(あらといし)のような存在」

としてイメージしてみるとよい

かもしれません。



そして

毎日、その上司の厳しい指導を受けることによって

自分自身がゴシゴシと磨かれている、

または、

この上司のお陰で、精神的にも技術的にも

一人前の仕事ができるようになった、

と解釈することができれば、

上司は敵ではなく、味方になるはずです。



そのように考えると、

相手が敵になるか味方になるかは、

自分の心持ち次第でいかようにも変わる

と言えますね。




「無敵」とは、

「もっとも強いこと」

ではなく、

「敵が無い状態」

を意味します。



自分の成長につなげるためにも、

「無敵」の状態を心がけ、

日々の修業に励みたいものです。



自戒を込めて・・


******************************************


【本日のまとめ】

■ 他責思考でいる限り、いくら「人間関係」という「修行の場」に臨んだとしても、

  成長することはあり得ない。

■ 相手が敵になるか味方になるかは、

  自分の心持ち次第でいかようにも変わる。

■ 自分の成長につなげるためにも、「無敵」の状態を心がけ、

  日々の修業に励みたいもの。





posted by 安野 広明 at 10:04| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

Vol.1279「日常の“人間関係”は、最も身近な“修業の場”です」


「修行をする」

というと、

山やお寺に何日も籠もるイメージ

がありますが、

実際には、もっと身近に

「修行の場」が用意されています。



それは、

日常における「人間関係」

です。



真剣に向き合えば、

人が成長していく上で、

これほど鍛えられるものはないと思います。




例えば、

相手と感情がぶつかったり、

気持ちがすれ違ったりした際に、

相手の欠点をあげつらい、

自己正当化したまま放置すれば、

相手との関係が悪化することはあれど、

改善に向かうことはあり得ません。



そんな時は、


「自分は悪くないんだから、あちらが反省するべきだ!」


と言いたくなる気持ちをグッと抑え、


「なぜあの人は、あんなことを言ったのだろう?」

「どうしてそんな行動をとるのだろう?」

「自分の言動は、100%正しかったのだろうか?」

「もう少し伝え方を工夫できなかったかな?」

「どうすれば関係が改善されるだろうか?」

「それを含めて、自分の責任なのかもしれない・・」


など、あ〜だのこ〜だのと

思考を巡らせることが大事。



そして、

その際に生じた心の葛藤から

目を背けず、乗り越えようと努力し、

よりよい関係を構築するために、

勇気を振り絞って

具体的なアクション(声掛け等)を起こすことです。



そうやって繰り返すうちに、

人間的にも成長していける

と信じています。




かくいう私(安野)自身、日々、

「人間関係」という「修行の場」で、

悩みに悩み、時には

心が折れそうになることもありますが(汗)、

「これも修行だー!」

と唱えつつ、

ご縁をいただいた方々と

よりよき関係を構築していこう

と意を新たにした次第。




本日は、短めで。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 真剣に向き合えば、

  日常における「人間関係」は、まさに「修行の場」である。

■ よりよい関係を構築するために

  勇気を振り絞って具体的なアクションを起こすことが、

  人間的な成長にもつながるはず。




posted by 安野 広明 at 19:28| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

Vol.1278「天明茂先生からのディープな(!?)学び」


昨日は、

公認会計士で、人間力大学の学長でいらっしゃる、

天明茂(てんみょうしげる)先生と

ご一緒させていただきました。


<おすすめ本>
「なぜ、うまくいっている会社の経営者はご先祖を大切にするのか」(天明茂著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4800910714/



天明先生とのご縁は、

昨年10月に遡ります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1061「ご先祖から自分、自分から次の世代へと“配線”をつないでいく」
http://bplan.seesaa.net/archives/20151016-1.html



とても気さくな先生で、

またお会いしたいな〜と思っていたら、

この度、益田ドライビングスクール(=通称、Mランド)

にてご講演されるとの情報が・・。



「これはチャンス!」とばかりに

Mランドの社長にお願いしたところ、

快くご承諾下さり、

午後からの講演会に参加するのみならず、

午前中の間、

私(安野)が天明先生を接待させていただくことに

なりました。




お隣の萩市へお連れして、

「松下村塾」や「留魂録」や「松陰先生のお墓」を見て回った

のですが、

さすがにこのコースは

過去に何度も色々な先生方をご案内していますので、

天明先生からも

「安野さんは、萩のボランティアガイドでもやってたの?」

と評していただき、

嬉しく思います(笑)。



そして、なによりも

往復2時間の車中で

天明先生から教えてもらったお話しが

あまりにディープで・・


「そんな世界があったんですか!?」

と驚きっ放しでした。



「ふだんはここまで話さないんだけどね〜」

とのことでしたので、

興味深いお話を聞けて

本当に光栄です!



午後からはMランドでのご講演(テーマ「人間力を高める」)

を拝聴し、

天明先生が数十年に渡り提唱されている「家系分析」

について、

理解を深めることができました。



特に印象に残った言葉は、以下の通り。



▼ 人間力とは、他を思う「心」と「行動」。

▼ 運を味方にしないで成功した経営者はいない。

▼ 天命とは、「代々の親の、子に対する願い・期待の集積」である。

▼ 自利から利他へ向かうための境目は、「関心を持てるか、無関心でいるか」ということ。

▼ 時の経過とともに、肉体は成熟していくが、心(人間性)は成熟していない人が多い。

▼ 肉体にエサ(=食事)をやるのに対して、心にはエサを与えない。

▼ 心にエサをやらなくても、死ぬことはない。

▼ 両親や祖父母やご先祖について、まず関心を持ち、正しく理解しようとすること。

▼ 世直しは、余(=自分)なおしである → まず自分が変わること。

▼ ご先祖の生き様を見える化すると、天命に気付くことができる。




私自身、

まだまだ「家系分析」が完成していませんので、

時間がかかっても

可能な範囲でつくり上げ、

いままで以上に「縦のつながり」を意識していきたい

と思います。



天明先生ならびにMランドの皆様に、

心より感謝いたします!




本日は、備忘録ということで。




posted by 安野 広明 at 18:18| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする