2016年05月28日

Vol.1286「これからの時代を生き残るのは、“気付ける集団”」


資金や設備や人員などの「経営資源」

が限られている中小企業にとって、

「メンバー1人1人の気付き」

を社内で共有できるかどうかは、

経営をしていく上で重要なポイントになる

と考えています。



なぜならば、

気付きやアイデアや知恵

というのは

メンバーの頭の中にありますので、

上手に活用できれば、

コストをかけることなく

「作業の効率化」や「クレームの未然防止」、

はたまた「お客様の満足度アップ」

などを実現できるから。



また、

日々の小さな気付きの集積が、

他社には無い独自の付加価値を生み出す

という側面もあるでしょう。



「メンバーの気付き」というのは、

まさに

「隠れた経営資源」

なのです。



したがって、経営者は、

気付きを共有するための仕組みを

真剣に考える必要があります。




ただ、

短期間で成果を上げるのは難しい

というのも、

覚悟しておかなければなりません。



そもそも、

経営者の求める気付きのレベルと

社員の気付くレベルとの間には

乖離があるもの。



実際、


「なんでうちの社員は、

 こんなことにも気付けないのか!」


と頭を悩ませている経営者から

ご相談を受けたことは何度もございます。



まあ、こればっかりは、

経営者と社員とで見ている視点がそもそも異なるため、

致し方ない面もあるでしょうし、

社内の仕組みの中で、根気強く、

気付ける人間に育てていくしかない

と考えています。




また、これとは逆に、

経営者やリーダー自身が気付けない人

というケースが稀にありますが、

そうなってしまうと、その組織は、

やがて「気付けない集団」となり、

時代の変化に柔軟に対応できず、

不幸な結末を迎えかねません・・。




かくいう弊社も、

まだまだ気付きを共有できていないですし、

本来、気付かなければならないことに気付けてすらいない

のが実態です(私を含め 汗)。



まずは

気付きを共有するための

社内の仕組みを作り上げ、

いつかは

気付ける人間が育った「気付ける集団」

を目指したいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「メンバーの気付き」というのは、まさに

  「隠れた経営資源」である。

■ 気付きを共有するための社内の仕組みを作り上げ、

  気付ける人間が育った「気付ける集団」を目指したいもの。





posted by 安野 広明 at 20:51| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

Vol.1285「“人との出会い”にアンテナを立てましょう」


経営コンサルタントの佐藤芳直先生

によると、

「旅」、「本」、「人との出会い」

の3つが、

人間を成長させる3要素

だそうです。



私(安野)自身、

過去を振り返ってみても、

「本当にその通りだな〜」

と実感しています。



ただ、もし仮に、

自分が行きたい場所へ

闇雲に「旅」をしたならば、

それは単なる観光旅行(?)、もしくは、

学びの少ない旅になりかねません。



また、「本」を読むといっても、

自分の趣味嗜好や価値観のみで

本を選んでいては、

ジャンルが狭まり、世界は広がらない

でしょう。



したがって、

上記の3要素の中でも、

自己成長する上で最も波及効果が高いのは、

「人との出会い」

だと考えています。




人とのご縁を大切にする

のはもちろんのこと、

積極的に出会いの場に足を運び、

「この人は!」

という人を見つけたら、できる限り

時間を共有させてもらえるように

努力するべきです。



そして、その人が


「行ってみるといいよ」と教えてくれた場所に行く、


「会ってみるといいよ」と紹介された人に会いに行く、


「この本、面白かったよ」と教えてくれた本を読む、


を心がけると、

一気に自分の世界が広がるはず。



ちなみに、私の場合、

人に会いに行く際には

常にメモ帳を持ち歩き、

紹介していただいた場所や人や本は

忘れないようにメモを取り、

そうやって、少しずつ

新たな世界に触れることができました

(とはいえ、まだまだ狭いんですけど・・)。



周りを見ていると、

メモ魔の人ほど成長スピードが速い

ような気がします。




まあ、実際のところ、

「人との出会い」

というチャンスを生かすかどうかは

本人の自由ではあるのですが、

せっかく

世界を広げ、人生が変わる(かもしれない)

貴重な「出会い」に恵まれたとしても、

仕事が忙しいこと等を理由に


「出会いを生かそうともせず、むしろ疎かにしていて、なんてもったいないんだろう・・」


と感じることが多かったので、

書き残した次第。



私自身、これからも、

「人との出会い」には

しっかりとアンテナを立てておきたい

と思います。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「旅」、「本」、「人との出会い」という「人間を成長させる3要素」

  の中でも、自己成長する上で最も波及効果が高いのは、

  「人との出会い」である。

■ 「人との出会い」には、しっかりとアンテナを立てておきたいもの。





posted by 安野 広明 at 15:13| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

Vol.1284「“登り続けた人だけが辿り着ける”という、師匠の教え」


「どんなに高かろうが、険しかろうが、

 山っていうのは、

 登り続けた人だけが

 頂上に辿り着けるようにできてるんだよ」


と、以前、

ある師匠に教わりました。



そして、その教えを肝に銘じ、

自分なりに、

「日記」や「当ブログ」や「次世代リーダーの会(*)」

をはじめとして、


一度やると決めたことはやり続ける


よう心がけてきたつもりです。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



気が付けば、

「日記」を書き始めて5年半、

「ブログ」をスタートして3年半、

「次世代リーダーの会」の月例会を始めて3年半

が経ちました。



正直なところ、

「もうやめようかな〜」

と悩むことは今でもありますし、

何かと理由を付けて

途中で止めるのは、本当に簡単です。



しかし

一度歩みを止めてしまうと、

再び歩き始めるためには

相当のエネルギーを要するでしょう。


それはそれで、

結構しんどいような気がします。




一歩一歩は小さいため、

無意味に感じることもありますが、


登り続けなければ辿り着けない


訳ですので、

これからも継続して参る所存です。




ちなみにこれは、決して、

精神力が強くなければできないとかどうとか

いう問題ではありません。


やるかやらないか、

ただそれだけです。



人目を引くような

派手なことをやろうと思えば

それなりに能力を要するのかもしれませんが、

地道なことの継続は、

誰にでもできます。




まあ、私(安野)の場合、

たかだか3〜5年続いただけであり、

尊敬する諸先輩方に比べれば

足下にも及ばないのですが(汗)、

いずれは


やり続けた人にしか見えない絶景


に辿り着けることを夢に見つつ、

一歩一歩、山を登るような感覚で、

これからも刻み続けていきたい

と考えております。




ふと、(上記の)

師匠の教えを思い出したので、

書き残してみました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ どんなに高かろうが、険しかろうが、

  山というのは、登り続けた人だけが

  頂上に辿り着けるようにできている。

■ いずれは、やり続けた人にしか見えない絶景

  に辿り着けることを夢に見つつ、

  一歩一歩、山を登るような感覚で、これからも刻み続けていきたいもの。






posted by 安野 広明 at 19:00| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする