2016年04月25日

Vol.1253「“私”から“私たち”に変わった時、組織は強くなる」


強い組織というのは、

構成するメンバー1人1人が

「私」ではなく「私たち」で考えることのできる組織

だと思います。



いくら社内でコミュニケーションを図っていても、

メンバーの主語が「私」のみ

であれば、

いざという時には「私」を優先するでしょうし、

常日頃から

「自分たちの会社」や「会社の看板を背負っている」

という意識が希薄で、

結びつきの弱い、

脆い組織になってしまうでしょう。



たまに、

仲が良さそうに見えても

意外とメンバーはサバサバしていたり、

人の回転が速い(=離職率が高い)会社がありますが、

そういう組織は、おそらく、

メンバーの意識が「私」にとどまっている

可能性が高いといえます。



では

「私」から脱して、「私たち」に意識が昇華した

強固な組織をつくるには

どうすればよいのか?

というと、

「共通の目的」や「共通の経験・成果」について

メンバー同士で話し合うのが効果的

ではないでしょうか。



具体的には、

経営理念やビジョンに照らし合わせて、

自らの行動を振り返ってもらったり、

各自の経験や成果を共有したりする

のです。



即効性はないかもしれませんが、

継続していれば

徐々に「私たち」という意識が高まり、

メンバー1人1人の結びつきの強い

一枚岩の組織に近づいていける

と信じております。


***********************************************


【本日のまとめ】

■ 強い組織というのは、構成するメンバー1人1人が

  「私」ではなく「私たち」で考えることのできる組織である。

■ 強固な組織をつくるには、

  「共通の目的」や「共通の経験・成果」について、

  メンバー同士で話し合うのが効果的ではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 23:09| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする