2016年04月23日

Vol.1251「幸福感を高めたければ、主体的な行動を!」


ある研究結果によると、

人間関係、お金、健康などといった「環境要因」



その人の幸福感に与える影響は、

ほんの僅かだそうです。


世の中の多くの人が

この「環境要因」を向上させるために

日々努力していることを考えると、

なかなかショッキングな結果ですね。



では、何が幸福感に大きな影響を与えているのか?



それは、


日々の行動のちょっとした習慣、


とりわけ、


自分から積極的に行動を起こしたかどうかが重要


とのこと。



しかも、行動した結果、

成功したかどうかはあまり関係ありません。


行動を起こすこと自体が

幸福感を高めるのです。




そのように考えると、

例えば、


▼ (恥ずかしくとも)こちらから感謝を伝えてみる

▼ (お節介だと思われるかもしれないけど)人を手伝ってみる

▼ (面倒臭がられるかもしれないけど)同僚に声を掛けてみる

▼ (緊張するけど)会議の場で発言してみる


など、

ちょっと行動を変えるだけで、

幸福感を高めることができそうです。



やはり

「誰かがやってくれるだろう・・」

とか

「自分には関係ないし・・」

ではなく、

「自ら主体的に行動してみる!」

という姿勢が大事なんですね。




本日は、短めで。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 自分から積極的に行動を起こすことが、幸福感を高める。

■ 「誰かがやってくれるだろう・・」ではなく、

  「自ら主体的に行動してみる!」という姿勢が大事。



posted by 安野 広明 at 18:16| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする