2016年04月21日

Vol.1249「“すべてが大事”という発想の落とし穴」


世の中には

本業である無しに関わらず、

ありとあらゆる仕事(社会貢献活動を含む)

が転がっています。



そうした玉石混交の中から、

自分にとって本質的なものだけを見分けるのは、

とりわけ経営者やリーダーにとっては

とても重要なこと。



そして、そのために、

「すべてが大事」

「何もかもやらなくては」

という発想を捨て、

時には、人からのお願いごとを断る覚悟

を持たなければならない

と考えています。



しかしながら、少なからぬ人は、

「相手に嫌われたくない」

「頼られたら断れない」

「お付き合いで仕方なく」

「皆もやっていることだし」

「あまりよく考えずにとりあえず・・」

などといった

安易な理由で引き受け、

本質的ではない仕事を増やし、


「なんだかよく分からないけど忙しい状況」


を自ら生み出している

ような気がします。



それが本業に関することならまだしも、

本業以外の活動が忙し過ぎて本業に身が入らない

というのは、

まさに本末転倒。



でも案外、

この落とし穴にはまっている人は多い

のではないでしょうか。


(もちろん、活動自体は尊いものがたくさんありますし、

 それ自体を否定するものではございません 汗)




当然ながら、時間は有限であり、

すべてやろうとしても到底無理な話し。


本質的な何かを選ぶためには、

本質的ではない何かを捨てなければならない

のです。



したがって、

「すべてが大事」という発想を捨て、

断る覚悟を持ち、常に、


「いま、自分は本質的なことにエネルギーを注げているだろうか?」


を自問自答する必要がある

と考えております。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 本質的な何かを選ぶためには、本質的ではない何かを捨てなければならない。

■ 「すべてが大事」という発想を捨て、断る覚悟を持ち、

  「いま、自分は本質的なことにエネルギーを注げているだろうか?」

  を自問自答する必要がある。




posted by 安野 広明 at 20:01| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする