2016年04月13日

Vol.1241「定期的に、時間の剪定作業を行いましょう」


ご存知の通り、

庭木を良い状態に保つためには

定期的な剪定作業が必要となります。



過去のエントリ(*)でも書かせていただきましたが、

剪定というのは、

見た目を美しくすること

だけが目的ではありません。


日が当たらない部分は無いか、

虫や病気が発生しやすくないかなど、

様々な影響を考慮し、枝を切ることによって、

栄養分を効率よく行き届かせ、

植物の成長を促進するのが目的

だそうです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.543「“名人庭師”になり、全体のバランスを整える」
http://bplan.seesaa.net/archives/20140516-1.html



そして

「栄養分を行き届かせる」

という意味において、

剪定作業というのは、

植物のみならず、人の成長にも

置き換えることができるような気がします。



人が成長する上で必要不可欠なのは、


自分の心に栄養を与え続ける


ということ。


そのためには、

「自分と向き合う時間の確保」が

何より大切です。



しかしながら

栄養分の源となる時間を、

なんとなくスマホをいじっている時間や

ダラダラとテレビを視ている時間

に費やしているとするならば、

その分、心にまで栄養分が行き届かず、

人としての成長が止まるかもしれません。


それどころか、

心のベクトルが自分ではなく自分以外の他者に向き、

あたかも植物に虫や病気が発生するかのごとく、

心の中に不平・不満という名の害虫

が巣食ってしまうことも・・



したがって

いったん自身の時間を見直し、


「心に栄養を送る(≒自分と向き合う時間を確保する)上で、これは無駄だな〜」


と感じたならば、

剪定するかのように、ザクザク切り落としていくべき

だと思います。




とはいえ厄介なのは、

庭木と同様、一回手入れすれば後は何もしなくてよい

というものではなく、

しばらくすると再び

切り落とすべき時間が増えてしまう

ということ。



定期的な時間の剪定作業を、

おすすめいたします。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「栄養分を行き届かせる」という意味において、

  剪定作業というのは、植物のみならず、

  人の成長にも置き換えることができるのではないだろうか。

■ 自分の心に栄養を与え続けるためには、

  「自分と向き合う時間の確保」が何より大切である。

■ 定期的に自身の時間を見直し、

  「心に栄養を送る(≒自分と向き合う時間を確保する)上で、これは無駄だな〜」

  と感じたならば、ザクザク切り落としていくべき。




posted by 安野 広明 at 17:11| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする