2016年04月12日

Vol.1240「苦しみを感じることなくして成長なし」


身長が伸びる成長期には「成長痛」が、

筋力をアップさせるには「筋肉痛」が

避けて通れないのと同様に、

精神面や能力面において

人が成長する際にも、何かしらの苦痛

が伴うもの。


それは例えば、

プレッシャーやストレス、または

新しいことを憶える苦しみや

アイデアを生み出す苦しみ

だったりします。



多くの成功者も

口を揃えておっしゃっていること

でもありますので、


「負荷をかけ、苦しみを感じ続けることで成長できる」


というのは

間違いのない事実でしょう。



そして、その際、

運動不足の人がいきなり激しい運動を始めると

あまり体によくない上に続かない

のと同じように、

急激な負荷は好ましくありません。



以前、

『ビリーズブートキャンプ』というトレーニング

に挫折した私(安野)が、

分かりやすい例だと思います(恥)。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.187「ベイビーステップで小さく始める」
http://bplan.seesaa.net/archives/20130525-1.html



たまに自己啓発系のセミナーを聴いて、

「今日から生まれ変わるぞ!」

と気合を入れ、

1日にやることを詰め込みすぎる人

がいらっしゃいますが、

そういう人たちの多くが3日坊主で終わってしまうのは、

過剰な負荷がかかっているからにほかなりません。



やはり

日々の習慣の中で、

じわりじわりと負荷を与え続け、

時間をかけて成長していくという発想の方が

確実ではないでしょうか。



ライザップのように

短期間で成果が現れる訳ではありませんが、

負荷をかけ続ける限り、

半年後、1年後には

自らの成長を実感できるはずです。



私にとっては

当ブログが日々の筋トレに当たるのですが、

「毎日更新する」

という適度な負荷がかかり、

少しずつ前に進んでいる感じはしております。



思った以上に文章力がアップしないのは

想定外ですが・・



本日は、短めで。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「負荷をかけ、苦しみを感じ続けることで成長できる」

  というのは、多くの成功者がおっしゃっていることでもある。

■ 日々の習慣の中で、じわりじわりと負荷を与え続け、

  時間をかけて成長していくという発想の方が、

  無理なく継続できるのではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 17:28| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする