2016年04月10日

Vol.1238「逃げれば追いかけてくるのは、熊も仕事も同じ」


もしも山で熊に出くわした場合、

背を向けて逃げると、

狩猟本能に従って

熊は反射的に追いかけてきます。


しかもそのスピードは、

山中でも車並みだとか。


ほぼ確実に追いつかれ、

襲われてしまうでしょう。



正しい対処法は、

とりあえず動かないこと

だそうです。


その際、

熊の目を見るべきか見ないかは諸説ありますが、

私(安野)は以前、

目を逸らさず

腹の底からガー!っと吠える、もしくは

ゆっくり後ずさりするのがよい

と教えていただきました。



いずれにしても

逃げると最悪の結末になるので、

目の前の熊としっかり向き合う姿勢が大切

なようです。



そしてこのことは、

仕事に置き換えてもまったく同じ。


やらなければならない仕事、

クレーム等のトラブル、

競合他社の出現、環境の変化など、

目の前のあまり見たくない現実から目を逸らし、

逃げ出したり、先延ばしにしたところで、

それらがいつの間にか解決していた

なんてことはあり得ません。


むしろ

どこまでも追いかけてきて、

やがて追いつかれ、取り返しのつかない事態になる

のは目に見えています。


いや〜、恐ろしい・・



したがって、

仕事においても、

熊に向き合うかの如く、


現実をしっかりと直視し、向かっていく姿勢


が何より大事。



早目早目に対処すれば

意外とあっさり解決することはありますし、

それだけ経験を積むことができて

自己成長にもつながるはずです。




まあ、臆病な私は、

本当に熊に遭遇したら

反射的に逃げてしまいそうですけど(汗)。


**********************************************


【本日のまとめ】

■ 目の前のあまり見たくない現実から目を逸らし、

  逃げ出したり、先延ばしにしたところで、

  やがて追いつかれ、取り返しのつかない事態になる。

■ 仕事においても、熊に向き合うかの如く、

  現実をしっかりと直視し、向かっていく姿勢が大事。




posted by 安野 広明 at 15:59| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする