2016年04月05日

Vol.1233「“思考停止”の要因と対策について考えてみる」


人が成長する上で、

「思考停止」ほど厄介なものはありません。


過去のブログ(*)でも

書かせていただいたように、

「思考停止」は「オヤジ化」を進行させ、

なおかつ、完全に「オヤジ化」した人は

それ以上の成長が難しくなるからです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1218「“オヤジ化”を防ぐために気をつけたいこと」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160321-1.html



ではなぜ「思考停止」が起こるのか?


その大きな要因は、


将来の目標やビジョンが明確になっていないこと


にあるのではないでしょうか。



例えば

物事が思い通り進まなかった場合に、


「うまくいかなかったけど、まあいいや・・」


で終わらせる(=思考が止まる)のか、


「なぜ、このやり方では結果が出ないのだろう?」


と思考するかの差は、そこに


「目標やビジョンがあるかないか」


によって生じるはず。


つまり

明確な目標やビジョンがあればこそ、

日々の実践の中で


「どうすれば目標に近づけるのか?」


という問題意識が生まれ、

思考することができるのです。



また、


知識や語彙の量が少ないこと



も「思考停止」の大きな要因

と言えましょう。


思考とは、

記憶している知識と情報を無作為に組み合わせ、

自分なりの答えを導き出していく営み

ですので、そもそも

自分の中に知識や語彙が無ければ、

思考しようにもできない

のが実情だと思います。




したがって

(仮置きでもよいので、)

将来の目標やビジョンを明確にすること、

および、

知識量や語彙量を増やしていくこと

の2つを意識すれば、

「思考停止」を防ぎ、成長し続けることができる

と考えております。



自戒を込めて・・


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「思考停止」の大きな要因は、

  将来の目標やビジョンが明確になっていないこと、および、

  知識や語彙の量が少ないことにあるのではなかろうか。

■ 上記2つの要因を克服するよう意識すれば、

  「思考停止」を防ぎ、成長し続けることができるはず。   




posted by 安野 広明 at 19:01| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする