2016年04月24日

Vol.1252「怒りの感情は自己正当化から生まれる」


例えば

自分が急いで運転している時に、

前を走る車の速度が遅いと、


「もっとスピード出してくれないかな〜」


とイライラしたり、

場合によっては、


「あ〜もう、早く行ってくれよ!」

「道を譲ってくれよ!」


と怒りの感情にとらわれたことは、

誰にでもあると思います(たぶん)。



なぜこのような感情が湧くのか?

というと、

「急いでいる自分は正しくて、ゆっくり進む車が間違っている」

と思い込んでいるから。



とかく

怒りの感情がコントロールできない人は、

この

「自分は正しく、それ以外は間違いである」

という理性が強く働く人

といえそうです。



ただ、私(安野)の実体験からすると、

怒りの感情からは

決して良い発想やイメージは浮かびません。


したがって

セルフイメージは下がり、

自分自身のパフォーマンスも低下させる結果

となります。



また、何よりも

周りの人にも連鎖的に負の影響を

与えるでしょう。


上記の例でいえば

自分以外の「同乗者」が気まずい思いをするでしょうし、

会社であれば、

自分以外の「他のメンバー」のパフォーマンス

に影響を与えます。



まあ、自分にとっても他者にとっても

いいことが無いってことですね。



したがって

怒りの感情にとらわれそうになったら、

一呼吸置いて、


「自己正当化してないだろうか?」


と自問自答する癖をつけてみると

よいかもしれません。



そんなことを考えました。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 怒りの感情がコントロールできない人は、

  「自分は正しく、それ以外は間違いである」

  という理性が強く働く人。

■ 怒りの感情にとらわれそうになったら、一呼吸置いて、

  「自己正当化してないだろうか?」

  と自問自答する癖をつけるとよい。




posted by 安野 広明 at 20:21| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

Vol.1251「幸福感を高めたければ、主体的な行動を!」


ある研究結果によると、

人間関係、お金、健康などといった「環境要因」



その人の幸福感に与える影響は、

ほんの僅かだそうです。


世の中の多くの人が

この「環境要因」を向上させるために

日々努力していることを考えると、

なかなかショッキングな結果ですね。



では、何が幸福感に大きな影響を与えているのか?



それは、


日々の行動のちょっとした習慣、


とりわけ、


自分から積極的に行動を起こしたかどうかが重要


とのこと。



しかも、行動した結果、

成功したかどうかはあまり関係ありません。


行動を起こすこと自体が

幸福感を高めるのです。




そのように考えると、

例えば、


▼ (恥ずかしくとも)こちらから感謝を伝えてみる

▼ (お節介だと思われるかもしれないけど)人を手伝ってみる

▼ (面倒臭がられるかもしれないけど)同僚に声を掛けてみる

▼ (緊張するけど)会議の場で発言してみる


など、

ちょっと行動を変えるだけで、

幸福感を高めることができそうです。



やはり

「誰かがやってくれるだろう・・」

とか

「自分には関係ないし・・」

ではなく、

「自ら主体的に行動してみる!」

という姿勢が大事なんですね。




本日は、短めで。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 自分から積極的に行動を起こすことが、幸福感を高める。

■ 「誰かがやってくれるだろう・・」ではなく、

  「自ら主体的に行動してみる!」という姿勢が大事。



posted by 安野 広明 at 18:16| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

Vol.1250「無理はせず着実に、“1日1%の成長”を目指す」


人がモチベーションを維持するために

最も効果的なのは、

「前に進んでいる」という感覚

だと言われます。


少しずつでも前進している手応えがあれば、

未来の成功への期待感が生じ、

継続できるのです。



逆に、やってはいけないのは、

最初から大きな目標を掲げ、

やるべきことを一気に詰め込む

ということ。


いずれ力尽き、

挫折する可能性が高いでしょう。



したがって

「日々のほんの少しの前進」

がポイントになる訳ですが、個人的には、

「1日1%の成長」

を目指せばよいのではないか

と考えています。


1日に1%というと、

時間に換算すれば約15分(60分×24時間×1%=14.4≒15分)。



1日15分だけ、

自分の課題に挑戦したり、

本を読むなどの自己研鑽に当てたりする

のです。



ちなみに、もし仮に

毎日1%の成長を1年間継続した場合、

1.01の365乗=37.8

となります。


あくまで計算上ですけど・・




いくら高い目標を掲げても、

途中で挫折したら何も残りません。



1日15分でよいので、

意識的に何かに挑戦する。


それで結果が出るようになれば、

小さな成功体験が次の成功を呼び込み、

未来の飛躍へとつながっていく

のではないでしょうか。



そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人がモチベーションを維持するために最も効果的なのは、

  「前に進んでいる」という感覚である。

■ 1日15分でよいので、意識的に何かに挑戦する。

  そうすることで、

  小さな成功体験が次の成功を呼び込み、

  未来の飛躍へとつながっていくのではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 13:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする