2016年03月31日

Vol.1228「日、週、月、年単位で、“成長感”はありますか?」


昨日は

午前中に個別コンサルを受けた後、

横浜へ移動。


昨年、『次世代リーダーの会』で

講師をおつとめいただいた(*)

喜多川泰さんの会社、聡明舎を訪問しました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1096「昨日の講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20151120-1.html



詳細は割愛しますが・・

いや〜、ほんと、

お邪魔して良かったです!


リアルに勝るものは無い

ということを、改めて感じました。



喜多川先生、聡明舎の皆様、そして

ご縁をいただいた方々に、

心より感謝いたします!


******************************************


例えば

1ヵ月前の自分と比較した時に、


「あの頃よりは確実に成長したな〜」


としみじみ感じる「成長感」

のようなものがあるかどうかは、

自己成長の1つの判断基準になる

と考えています。



もしも

1ヵ月前と比べて、


「あんまり変わっとらんな〜」


と感じる、つまり、

「成長感」が無いとすれば、それは

この1ヵ月の間、

仕事はこなしたけれど


あまり挑戦していない証拠


かもしれません。



なぜならば

過去のエントリ(*)でも書かせていただいたとおり、

経過した時間に関係なく、

自ら挑戦した数によって「経験」が積み上がり、

その「経験」の数が「成長感」を生み出すから。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1217「“経験”は、挑戦した数によって積み上げられていく」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160320-1.html


ちなみに

ここでいう挑戦には、

ルーティン作業の工夫・改善等を含みます。



したがって

1ヵ月前ならまだしも、

3か月前、半年前、1年前と比べても

「成長感」がまったく無いとすれば、それは

「主体性の欠如」や「組織への依存心」の現れであり、

自己成長という意味では黄色信号

と言えましょう。


まあ、

「成長なんて必要ない」

と割り切っている人にとっては、

それでもよいのでしょうけど・・。




これまでの数多くの出会いの中で、

成長し続けていらっしゃる方は、例外なく、

PDCA(=Plan → Do → Check → Action)を

高速回転させています。


すなわち、

仮説 → 実行(=挑戦) → 検証

を1日に何度も繰り返し、

圧倒的な数の挑戦をしている訳です。



そのような方々は、おそらく、

1ヵ月どころではなく

1日単位で「成長感」を感じていらっしゃる

のではないでしょうか。



私(安野)の場合、

まだまだそこまでのレベルにはなれませんが、

少なくとも

週単位で振り返りを行った時に、


「あ〜、先週の自分よりは少し成長したかな〜」


と感じられるよう、

大小問わず挑戦の数を増やしていきたい

と思った次第です。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「成長感」が無いとすれば、それは、

  仕事はこなしているけれど、あまり挑戦していない証拠かもしれない。

■ 成長し続けていらっしゃる方は、例外なく、

  PDCA(=Plan → Do → Check → Action)を高速回転させている。




posted by 安野 広明 at 23:46| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする