2016年03月22日

Vol.1219「成り行き経営では、クラッシュは免れない!?」


中小零細企業においては、

経営者が現場のみを重視し、

自社の数年先や将来像を考えようともしない

なんてことは

決して珍しい話しではありません。



それはあたかも、

この道の先にどんな障害物があるのか分からないまま、

成り行き任せで

車を運転しているようなもの。


もし仮に、進むべき道を見誤ったり

アクセルを踏むポイントを間違えたならば、

道に迷う、もしくは、

カーブを曲がり切れずにガードレールに衝突してクラッシュ!

なんてことも

あるかもしれません。


少なくとも私(安野)は、

そんな危なっかしい運転はしたくない

のが正直なところです。



思うに、

経営者というのは、

会社という車のハンドルを握る「運転手」であり、

方向性を決める役割を担っています。


その「エンジン」となるのが「社員さん」で、

「ガソリン」となるのが「モチベーション」「やりがい」

といったところでしょうか。



したがって

時折、現場から離れた客観的な視点で、


「このまま直進してよいのだろうか?」


「迂回ルートをとった方がいいかもしれない」


「少し速度を落とした方がよいのでは?」


「そろそろガソリンを補充しておこう」


などと試行錯誤することは、

「運転手」である経営者にとって

必要不可欠な時間だと思います。



車体の大小にかかわらず、

「経営」というゴールの無い長い道のりを

どこまでも走り続けることができるかどうか

は、

「運転手」次第なのですから・・。




先日、長距離運転をしながら、

そんなことを考えました(笑)。


本日は、短めで。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者というのは、会社という車のハンドルを握る「運転手」であり、

  方向性を決める役割を担っている。

■ 「経営」というゴールの無い長い道のりを

  どこまでも走り続けることができるかどうかは、「運転手」である経営者次第。






posted by 安野 広明 at 22:34| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする