2016年03月21日

Vol.1218「“オヤジ化”を防ぐために気をつけたいこと」


社会人になりたての頃は

高い志に燃えていたけれども、

ある程度の年月が経つと、

「まあ、自分はだいたいこんなところかな」

と自己満足してしまう人は多い

と思います。


そうやって

現状に満足した途端、思考が停止し、

常識や前例にとらわれ、

新しい挑戦をしようとせず、

酒を飲めば過去の思い出話しを繰り返す・・



私(安野)の中では、そういう人を

「オヤジ化した人」

と定義しています(笑)。



そして興味深い(?)のは、

「オヤジ化」しているかどうかは、

年齢とは関係が無いということ。



つまり

実年齢ではかなり年輩であっても、

「オヤジ化」するどころか精神的に若々しい方

もいらっしゃいますし、

逆に、20代の青年でも

「なんでそんなにオヤジ化しちゃってるのかな〜?」

と思ってしまう人もいるのです。



ちなみに、私自身は、

いい歳なので見た目はオヤジでも、

ここでいうところの「オヤジ化」はしてないつもり。


娘からは、たまに

オッサン呼ばわりされますけど・・(汗)。




では、「オヤジ化」する原因は

どこにあるのでしょうか?



おそらく、最も影響を与えているのは、


「周囲の環境」



です。


いつもつながっている周りの人たちが

「オヤジ化」していれば、

かなりの確率で自分自身も「オヤジ化」してしまう

のは想像に難くないでしょう。


20代で「オヤジ化」している人は、きっと、

職場環境の影響を受けているはずです。



この点に関しては、

職場の中で深く付き合う人を選ぶとか、

SNSを利用して

「オヤジ化」することなく挑戦し続けている同世代・諸先輩方

とつながることで、

環境をつくり出すことはできる

と思っています。



そしてもう一つ、

「オヤジ化」している人の多くに共通する点として、


「ほとんど本を読まない」


ということが挙げられます。



本というのは、ジャンルにもよりますが、

自身の未熟さや無知さ加減を思い知らされますし、

場合によっては、

自らの使命やこの世に生を受けた意味などを

自問自答する機会を与えてくれます。



したがって、本来、

読書を習慣化していれば、

「まあ、自分はだいたいこんなところかな」

などと、

分かったような気になったり、自己満足したりして、

「オヤジ化」することはないと思うのです。




私自身、いくつになっても

「オヤジ化」だけはしないように、

環境づくりと読書をコツコツと続けていきたい

と考えております。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 思考が停止し、常識や前例にとらわれ、新しい挑戦をしようとせず、

  酒を飲めば過去の思い出話しを繰り返す人を、

  「オヤジ化した人」と定義する(笑)。

■ 「オヤジ化」する原因は、

  「周囲の環境」と「読書をしないこと」にあるのではないだろうか。




posted by 安野 広明 at 09:37| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする