2016年03月10日

Vol.1207「積極的なアポ入れで、外部の強制力を有効活用する」


個人であれ、会社であれ、

意識を大きく変えようとしても、

自力ではなかなか難しいもの。


そんな時、

外部の強制力をうまく活用すること

が効果的だと思います。



例えば、弊社では、

来月(4月)から半年間、

以前よりご縁のあった東京のコンサルタントに

入っていただく予定なのですが、

これは、とあるノウハウを伝授してもらう

のはもちろんのこと、

最先端でご活躍されている方から

直接お話しを聞くことで、

将来に向けて、メンバーの意識を変えていきたい

という狙いがあります。


私(安野)が喋るのと、

既に実践し、成果を挙げている方が

お話しされるのとでは

説得力が全く異なりますし、

外からの刺激が入ることで

メンバーの行動も促されるはずです。



まあ、上記はあくまで一例ですが、

実は、このように

外部の強制力を活用しようとする際に、

大事なポイントがあると考えています。


それは、


思い立ったらすぐにアポを入れてしまうこと


です。



細かいことをあれこれ悩むと、

はじめの一歩が踏み出せず、時間ばかりが過ぎて、

結局、外部の強制力を用いるどころか

何も行動を起こさずに終わった・・

なんてのはよくある話し。


したがって、

「これは!」とか「この人は!」

と思ったならば、

とりあえず連絡してみるのです。



「あの会社のことをもっと知りたい!」

と思い立ったら、

(見学等を受け入れていれば)

朝礼見学や社内見学を申し込んでしまう。



「あの人のお話しを聞いてみたい!」

と思い立ったら、

セミナーの開催日程を調べ、申し込んでしまう。



「あの人と会ってお話がしたい!」

と思い立ったら、

メールやFB(=フェイスブック)のメッセージで直接お願いしてみる。



・・といった感じで。



これらはいずれも

私自身が実践してきたことであり、

先ほどのコンサルの件も、

ふと思い立った時にFBでメッセージを入れさせていただき、

それを機に、

あれよあれよと決まりました(笑)。



アポイントさえ入れてしまえば、

あとは強制力によって

前に進むしかなくなりますので、

必然的に諸々の行動が促されます。



まあ、それによって

うまくいくことばかりではないかもしれませんが、

少なくとも私は、

そうやって少しずつ世界が広がり、意識も変わってきた

のは事実です。




まずアポイントありきの発想で、

外部の強制力を

有効活用してみてはいかがでしょうか。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自力で意識を変えるのは難しいため、

  外部の強制力をうまく活用することが効果的である。

■ 外部の強制力を活用する上でポイントになるのは、

  思い立ったらすぐにアポを入れてしまうということ。





posted by 安野 広明 at 23:38| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする