2016年03月25日

Vol.1222「“煩悩具足(ぼんのうぐそく)”という言葉から考えさせられたこと」


先日の

「日本でいちばん大切にしたい会社」表彰式の中で

基調講演をされた、

ニチイ創業者である西端春枝氏(95歳)のお話しは、

会場の涙を誘う感動的なものでした。



詳細は割愛しますが、

私(安野)の印象に残った言葉に、

「煩悩具足(ぼんのうぐそく)」

があります。


これは


「誰にでも必ず煩悩(=心を煩わし身を悩ませる欲望)が備わっている」


という意味で、西端氏曰く、


「どれだけ立派なことを言う人にでも、

 間違いなく煩悩がくっついているのですよ。」


とのことでした。



言われてみれば当然のような気もしますが、

私なりに考えさせられたのは、

誰にでも備わっている煩悩を


そのまま言葉や態度に出すかどうか


が、

日々の鍛錬の差として現われるのではないか

ということ。



私なんて煩悩の塊ですので(汗)、

頭の中では

良いことよりも、むしろ、悪いことばかり考えてしまう

のですが、

その煩悩を自問自答の中でできるだけ解消し、

最終的に洗練された言葉として発するのが理想

ですし、そうなるために、

日々修行する必要があると思うのです。



たまに

インターネットの書き込み等で

相手を傷つけるためだけの冷たい言葉

を見かけますが、あれなんかは、

書き手の煩悩がそのままストレートに現われている

のではないでしょうか。


匿名だったり相手の顔が見えない

というのも手伝って、

修行の足りない人たちが、安易に、

心無い言葉を吐き出している訳です。



まあ、修行が足りないという意味では

私も同じですが、

とりわけリーダーの立場にある人は、


自らの煩悩としっかり向き合う


というワンクッションを設けることで、

発する言葉や表す態度に関して

慎重になる必要があるのではないか

と思った次第。



なかなか根深い問題ですけど・・


********************************************


【本日のまとめ】

■ 誰にでも備わっている煩悩をそのまま言葉や態度に出すかどうかが、

  日々の鍛錬の差として現われる。

■ 「自らの煩悩としっかり向き合う」

  というワンクッションを設けることで、

  発する言葉や表す態度に関して慎重になる必要がある。




posted by 安野 広明 at 10:11| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

Vol.1221「理想をイメージしない限り、そこには辿り着けない」


昨日は

第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の表彰式

に(見学者として)参加。


以前、『人財塾』でも学ばせていただいた、

法政大学の坂本光司教授の働きかけによって

立ち上がったイベントです。


<おすすめ本>
『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本光司 著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4860632486/



表彰式の会場では

古田土会計の古田土満先生や

事業構想大学の天明茂先生の他、

お世話になっている方々と

予期せずお会いすることもでき、

とても充実した時間となりました。



ちなみに、懇親会には、

一億総活躍担当大臣の加藤氏もご参加され、

このイベントに対する期待の大きさを感じます。


*****************************************


昨日の表彰式では、

合計で18社が受賞されました。


規模の大小はそれぞれですが、

いずれも

経営者や社員さんが本当にいいお顔をされており、

社風の良さが伝わってくる会社ばかりです。



全ての会社に共通していたのは、

障がい者雇用にも力を入れていらっしゃる

という点。


これからの時代の

あるべき企業像なのかもしれませんね。



審査基準には、

いわゆる業績指標だけではなく、

「人員整理、会社都合による解雇をしていないこと」

「下請企業、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと」

「障害者雇用率は法定雇用率以上であること」

などなど、

かなり厳しい基準も含まれています。



「こういう(受賞企業のような)会社が増えるといいな〜」


と思うと同時に、


「当社はほど遠い位置にいるな〜」


ということを痛感させられました(汗)。


まあ、

経営者としての私(安野)の未熟さ

に尽きるのですが・・。



やはり、定期的に

あるべき姿や理想像に触れて、


自社の現在のポジションを確認すること




とても重要だと感じます。


そこを意識することなく

いつの間にか理想の姿に辿り着いた。。。

なんてことは

滅多にございませんので。



ということで、弊社の場合、

まだまだ道のりは長いですが、

これからもコツコツと

理想の企業像に向けて

歩みを進めて参る所存です。





理想の姿は、イメージできていますか?


********************************************


【本日のまとめ】

■ 定期的に、あるべき姿や理想像に触れ、

  自社の現在のポジションを確認することはとても重要。




posted by 安野 広明 at 17:06| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

Vol.1220「思考を型にはめる際に留意したいこと」


「プラス思考は素晴らしい」


それはその通りだと思いますが、

「プラス思考」を盲信し、

それ以外の考え方を否定するのは

いかがなものでしょうか。


傍から見たら

「マイナス思考」な人でも、

ご自身の人生を幸せに過ごしている人

だっているかもしれません。



そんな人に対して

「マイナス思考じゃダメだよ」

と言ったところで、

いつまで経っても互いに分かり合えない

のは目に見えています。



そもそも思考というのは

もっと自由なもので、

型にはめてしまうことには

少し違和感を覚えます。



世の中に成功のための原理原則がある

のは分かりますが、

ただそうは言っても

人間には弱い面もある訳で、

そのような感情に蓋をしてまで

型にはめてしまうと、

どこかに無理が生じる気がするのです。



したがって

安易に型にはめるのではなく、

もっと思考の羽を思いっきり広げてみては

いかがでしょうか。


あたかも

まっさらなキャンパスに

思ったことを思ったままに書き綴る

ような感覚で。



そうやって

自身の素直な感情と向き合った結果、

自分なりに辿り着いたのが

「プラス思考」であり、

その理由についても

誰かの借り言葉ではなく

自分の言葉で説明できるならば、

それでよいのではないかと考えています。



分かりにくくてすいません(汗)。


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 感情に蓋をしてまで思考を型にはめてしまうと、

  どこかに無理が生じる。

■ 安易に型にはめるのではなく、

  いったん思考の羽を思いっきり広げてみてはどうだろうか。





posted by 安野 広明 at 11:51| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする