2016年03月28日

Vol.1225「“意思決定基準となる言葉”は、一生モノの無形財産」


昨日は

「自分の中に“意思決定基準となる言葉”を持つこと」

について書かせていただきました。


今日も続けます。



私(安野)自身、

大切にしている言葉はたくさんある

のですが、その中でも、

海底に沈めた錨のごとく

心の深いところに沈めておきたい言葉

として、


「複利で効いてくる」


「学びは事後的・遅効性」


「少しずつ、しかし、後になるほど大きく」


「人は1日で出来ることを過大評価するが、

 1年でできることは過小評価する」


といったものがあります。



これらはいずれも、

「継続」に関する

私なりの「意思決定基準」。



このような言葉を

自らに刷り込んでいるからこそ、

こうして日々、淡々と、

誰に褒められるでもなく(当たり前ですけど 汗)、

地道にブログを更新し続けることができている

のだと思います。



もし仮に、

上記のような言葉が自分の中に無ければ、

即効性を追い求め、

メディアやマスコミに踊らされている

かもしれません。


また、しばらく続けてみて成果が出なければ

簡単に諦めて、おそらく、

このブログも継続できていないでしょう。


もともと

飽きっぽい性格ですし。



そうした結果、

色々と手を付けたけれども何も身に付かなかったり、

もしくは、

卒なく何でもこなせるけれどもエッジの効かない人間

ができ上がるはずです。


これでは、

せっかく投下した時間とお金が無駄

になりますよね。



そのように考えると、

何かを「継続」しようとする際、

自らの中に「意思決定基準となる言葉」を

身体知化したレベルで持っている

というのは、まさに


一生モノの無形財産を有している


ようなもの。



そして、このことは、

「継続」のみならず、

「コミュニケーション」や「時間管理」など

あらゆる場面において同様です。




自らを律し、人生の指針となる言葉(=無形財産)を

集めるべく、これからも

様々な場面で触れる言葉にアンテナを張り、

身体知化するまで刷り込んでいきたい

と思った次第。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自らの中に「意思決定基準となる言葉」を身体知化したレベルで持っている

  というのは、

  まさに一生モノの無形財産である。




posted by 安野 広明 at 13:41| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

Vol.1224「言葉のシャワーを浴び、“意思決定基準となる言葉”を生み出す」


「人は言葉によってつくり変えられていく」

「人生の質は言葉の質によって決まる」


などと言いますが、

本当にその通りだな〜と感じます。



なぜなら、自分の中に

「意思決定基準となる言葉」が無ければ、

人生のあらゆる場面で、

無意識のうちに、誤った意思決定を行ってしまう

可能性があるからです。



それは、例えば、


「いまの仕事を続けるべきかどうか」

「この相手と深くかかわるべきかどうか」


などといった大きな意思決定

のみならず、


「どのような気構えで目の前の人に接するか」

「どのような姿勢で仕事と向き合うか」


など、日々の小さな意思決定においても同様。



その時々で、

「意思決定基準となる言葉」を持たず、

何となく周りの人や環境やいままでの思考習慣に流されて意思決定する

ということを繰り返していると、

「何だかよく分からないけど状況が悪くなっていく・・」

なんてことになるかもしれません。


いや〜、恐ろしい・・



ちなみに、私(安野)の場合、

自分にとって「意思決定基準となる言葉」を集め、もしくは生み出し、

当ブログでアウトプットする

ということを3年以上継続して参りましたので、

それなりの数の言葉が蓄積されている

という自負はございます。


あまり成果として現れてないのが

たまにきずですけど(汗)。




そして、そのような言葉を

自分の中に持つためにも、まずは

言葉を大量に仕入れる必要がある

と考えております。


つまり

シャワーのように言葉を浴び、その中から

「これは!」という言葉を記録し、

記憶に定着させていくのです。



地道な作業にはなりますが、

この方法が最も確実。



ということで(?)、まずは

人に会ったり、本やセミナーなどを通して、


大量の言葉に触れる(=言葉のシャワーを浴びる)


ことを意識されてみてはいかがでしょうか。



何かのご参考までに。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 自分の中に「意思決定基準となる言葉」が無ければ、

  人生のあらゆる場面で、無意識のうちに、

  誤った意思決定を行ってしまう可能性がある。

■ まずは人に会ったり、本やセミナーなどを通して、

  大量の言葉に触れる(=言葉のシャワーを浴びる)ことを

  意識してみてはどうだろうか。




posted by 安野 広明 at 19:11| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

Vol.1223「変わるためのヒントは環境づくりにあり」


昨日は

『自己変革セミナー』を開催。


人が変化するためのメカニズム、構造について、

2時間お話しさせていただきました。


自己成長、自己変革のきっかけとして、

ご参加下さった皆様の

お役に立てたなら幸いです!


**********************************************


「意志が弱くてやろうと思ったことが続かない・・」


多くの人が似たような悩みをお持ちだと思います。


昨日のセミナーの中でも

お話ししましたが、

人の気合いや根性ほどあてにならないものは

ありません。


モチベーションなんてものは、

ひと眠りすれば

元に戻ってしまうのです。



したがって、

モチベーションに頼らずに

継続するための工夫や仕組みが必要

となります。


そして、そのために効果的なのが、

志を同じくする仲間とのつながりを持ち、

環境によって自らを縛ることです。



じゃあ、どうやって

そんな環境をつくるのか?というと、

こればっかりは

ご自身で主体的に動いていただく他ありません。



つまり、1人でも2人でも

「この人は!」という仲間を見つけ、

巻き込んでいくのです。


もしも

自ら場をつくり出すのはハードルが高い

ということであれば、

既に場を生み出している人のネットワークの中に入る

という選択もあるでしょう。


まだ知らないだけで、地元にも

意識の高い方はたくさんいらっしゃいますし。



そうやって

いままで自分がやったことがなかったり

見たこともない世界に

一歩踏み出さない限り、

自らが変化するための環境は生み出せない

と思っています。



「何をすべきか」は分かっているけどなかなか続かない

という人は、この


環境づくりがボトルネックになっている


のかもしれませんね。



ちなみに

弊社で主催している『次世代リーダーの会』(*)は、

まさにそういったつながりを形成するための場

として3年前に立ち上げました。


よろしければ、是非ご利用下さい(笑)。


* http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html


*********************************************


【本日のまとめ】

■ 人の気合いや根性ほどあてにならないものはない。

  したがって、モチベーションに頼らずに

  継続するための工夫や仕組みが必要である。

■ 「何をすべきか」は分かっているけどなかなか続かない

  という人は、環境づくりがボトルネックになっている

  のではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 19:54| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする